FC2ブログ

加工米を出荷

 加工米に出荷する秋の詩は、今年の予約は50袋。年によって不作して足りないこともあるので、今年は秋の詩をかなり多めに作っていたのですが、それでもギリギリでした。

18-11-27-090953-54.jpg

 11月27日、無事農協へ出荷出来たので、ホッとしています。

18-11-27-092905-54.jpg

 30日は朝から細かい雨が降ったり止んだりでしたが、合間を縫って田ノ神さんのお箸を作るのに、水路横に生えているネコヤナギの木の枝を取りに。美代も忘れていたらしく、急いで準備をしてくれ、夕方にはお供えが出来ました。

18-11-30-170345-54.jpg

 12月3日、滋賀羽二重糯の二回目の精米準備。これで例年の必要量はほぼありそうで、ホッとしています。

18-11-01-153133-54.jpg

 販売用の5㎏パックと神社へのお供え用の3㎏パックに、お歳暮用に使う2㎏パックの3種類を作ります。

18-12-03-094216-54.jpg

家の周りで稲刈り

 天気が不安定になって来て、晴れている内にと残りの田を刈り始めたのですが、3枚あるどの田も出来が悪い所へイモチが入って、散々。それでも取り敢えず稲刈りが終りホッとしています。

18-11-13-133611-54.jpg

 家の周辺なのですが、移動するたびに道路の上にコンバインのクローラから土が落ちるので、車が通って踏んづける前に竹箒で大掃除。田面はかなり乾いていたのですが時雨も多く、この時期としては仕方ないですね。

18-11-13-135150-54.jpg

 籾摺りをしていると、どうも計量が不安定。ガーメットパッカーのこの部分は、同型に使える部品を4個持っているのですが。

18-11-21-154120-54.jpg

 中のコンピューター部分と外側の液晶部分を色々組み替えて、最善の組み合わせを模索しています。

18-11-19-120108-54.jpg

 籾摺りをしているとかなりの頻度でキーキーと異音がして、酷い時は機会が止まります。原因はこれ。

18-11-21-170630-54.jpg

 稲刈りが済んだので籾摺りをしているのですが、八田川の堤防の雑木の枝が台風で折れて飛んだのを一緒に刈り取ったらしく、秋の詩の籾には切れ端が一杯入っていました。

18-11-21-170829-54.jpg

 途中で気が付いて写真を撮りましたが、この二倍は有ったかと思っています。

18-11-27-133358-54.jpg

22回生の同期会

 第22回 派米農業研修生が同期会をするからと招待してくれ、福井県のあわら温泉の「まつや千千」に行って来ました。

 22回生は昭和62年6月、120人 近くが渡米したのですが、今回集まったのは24名だったかな。OB達は52~55歳前後で一番の働き盛り。忙しくてなかなか都合がつかないのだろうと思っています。

18-11-23-2976-54.jpg

 夫々が地元の名産や自分が作った農産物などを持参し、宴会の最後に抽選会をして貰って帰りました。実はこのくじを引くのは毎回私の役目。

 宮崎県の山崎牧場の浩二OBからは本人の参加は無かったものの、A5クラスの牛肉を抽選で当たった人に贈るからと目録が届いていたのですが、全会一致で抽選はせず幹事の土橋君に貰って貰う事に。

 私も2種類の新米を持参しました。誰が貰ってくれたのか、「かじや村便り・今年の稲作」も入れておいたのですが、何処からも何の連絡もありません。

18-11-23-3001-54.jpg

 明くる日は東尋坊観光を企画してくれていたので、車に分乗して移動。芦原温泉からは非常に近かったのですが、何十年か前に行った時の記憶は、断崖絶壁と打ち寄せる波の他には殆ど残っていませんでした。

18-11-24-3012-54.jpg


18-11-24-3023-54.jpg


18-11-24-3037-54.jpg


18-11-24-3044-54.jpg

 東尋坊から遠くの沖の方に見える雄島へ移動。橋を渡って雄島の鳥居までは行ったものの少し時間が足りなくて、神社への参拝は出来なかったものの、風も無くて比較的暖かく、観光には絶好の小春日和でした。

18-11-24-3050-54.jpg

 昼食には福井まで戻って、幹事お勧めの越前蕎麦とカツ丼の名店へ。食後、次回は数年後愛知県での再会を約して解散しました。

18-11-24-3059-54.jpg


18-11-24-3062-54.jpg

稲刈りは後少し

 8日は朝から暑い程の日和。しかしお天気は明日から下り坂。しかも雨の後はかなり寒くなるとの予報なので、田面はまだ十分には乾いていなかったのですが、思い切って11時過ぎから晩生稲の刈取りに出掛けました。

18-11-08-123554-54.jpg

 例年通り水口部分はかなり水が溜まっていて、コンバインが沈みそうだったので二方向から少しずつ刈って、最後は手刈り。
18-11-08-120824-54.jpg

 西側の水道局の擁壁沿いは何とか沈まずに刈れたので、無事周回して刈り取りする事が出来ました。

18-11-08-154159-54.jpg

 当然ながらコンバインの足回りはグチャグチャ。しかし生憎用水路には水が無く洗車は無理。仕方なくそのまま走って帰ってきたのですが、50m程行ってから止まって落ちた泥を竹箒で掃き、又少し走っては歩いて戻って道路を掃除。

 道路の両側が住宅だと落ちた泥を捨てられないので、住宅の反対側が田圃になっている道路を選んで遠回りしたため、時間が掛かりましたがこれなら大丈夫。明日が雨なら多分痕跡も無くなるかと思っています。

18-11-08-164959-54.jpg

 籾摺りに備えて、一杯になった摺糠ワゴンの摺糠を圃場整備田に撒きに行きました。何時も軟らかい部分に撒きたいので入ったのですが、ワゴンのンタイヤが細いので見事に沈み込み。

18-11-11-142352-54.jpg

 美代に電話して迎えに来てもらい、別のトラクターに乗って来て牽引した脱出。勿論片方トラクターは美代の運転です。

18-11-11-150351-54.jpg

稲刈りは終盤

 11月に入って、次の稲刈りまでに色々と後始末をしているとき、ふと見上げると綺麗な虹が出ていました。

18-11-01-162348-54.jpg

 何枚か写真を撮って、次に刈る予定の圃場へも色々行って見たのですが、虹は既に少し消えかけていました。

18-11-01-162611-54.jpg

 2日は予報に反して、夜明け前に小雨が降ったのかな。10時頃までは、とても午後から晴れるとは思えない空模様。取り敢えず草刈りに出掛けたのですが、その頃から晴れ上がって少し暑い程の秋らしいお天気に。

18-11-02-105400-54.jpg

 こっちはまだ少し早いかなと思って見ています。

18-11-02-114531-54.jpg

 この左右の二枚は、左側が1反歩右側は2反歩あります。地主さんが夫々違うのですが、お預かりした時はどちらも上下2枚に分かれていました。

18-11-02-125009-54.jpg

 午後から2枚で3反歩の晩生稲を刈り取り。やはり穂首イモチが酷くて収量は期待出来そうにありません。

 本来は早生品種なのに、わざわざ遅く植えて晩生稲にしているのは、少しでも美味しいお米に仕上げたいためなんですが。

18-11-02-160641-54.jpg

 元々上下左右の4枚に分かれていて、田面より河床の方がかなり高いため、前の耕作者は秋に水が入っていて稲刈りを放棄していた位。

 ポンプで水を抜こうかと思ったのですが、気が付いて水口を改めて封鎖したのが効いて、かなり乾いて来ていたのでこのままにしました。

18-11-03-111126-54.jpg

秋の詩刈り取り

 25日から家の近くで秋の詩を刈り始めました。今日秋の詩を3枚刈って仕舞うと、次の稲刈りまで暫く間が空くので、この秋晴れは有難い。昼前に1枚昼から2枚刈りました。

18-10-25-115750-54.jpg

 二枚目の圃場は元々上下二枚だったのを、昨年お預かりした時に一枚に均し、今年も代掻きで時間を掛けて泥を移動したのですが、コンバインで3往復半の細長い田が出来上がりました。

 お陰で仕事は無茶苦茶に楽で早くて、両隣の田が可哀そうな気がします。 乾燥機に上手く収まるかどうか心配していましたが、かなり穂首イモチが酷くてあまり収量が無く、お陰で楽に収容できました。

18-10-25-140912-54.jpg

 少し奥の畑では地主さんのお祖母さんが野菜を作っておられます。何方かと一服中でした。

18-10-25-134538-54.jpg

 この田はお預かりしてから6~7年経つのですが、元々地力が無いのか余り穫れた覚えが有りません。

18-10-25-140517-54.jpg

 稲刈りはようやく先が見えて来ましたが、シートハウスは籾が一杯になって来ました。

18-10-26-170350-54.jpg

滋賀羽二重糯

 曇り時々晴れ。昨日の雨が乾くまで待って出かける積りだったのですが、見に回るとまだ少し青い様な?それでも糯米は刈遅れると胴割れするので、気になって一穂持って帰り水分測定。これなら先ず大丈夫。

18-10-24-115057-54.jpg

 昼前に1枚、昼から2枚の滋賀羽二重糯を刈り取ったのですが、夏場に穂肥を入れられなかったのが響いて、株張りが悪い上背丈は短いし穂は小さいし、これでは収量は有りませんね。

18-10-24-124914-54.jpg

 此処は惣社神社で使う注連縄用の稲藁を、皆で手刈りした圃場。

18-10-24-141942-54.jpg

 こっちの田は、田中神社と惣社神社の祭典で使われるお供え用の糯米を、一年分お預かりする為に一番奥の方で作っているのですが。

18-10-24-145937-54.jpg

 こうやって見ると、周囲でまだ稲刈りの済んでない田は、我が家の数枚だけ。

18-10-24-150328-54.jpg

 水路越しに籾を軽トラのフレコンに入れています。

18-10-24-151758-54.jpg

 何時になくトンビが多いとは思っていたのですが、ふと見上げると北の田に立っている高圧線の鉄塔に20羽ほど。コンバインの周辺に10羽余りいて、遠くのトラクターの周りにも10数羽。これ程の数を見たのは初めてです。

18-10-24-153911-54.jpg

鴨の秋の詩

 昼には陽射しが戻ってきたうえ風があるので、稲が乾けば稲刈りが出来るかと思って、農機具屋さんにコンバインの陸送を頼み、
午後少し遅めから稲刈りに出掛けました。

18-10-19-155408-54.jpg

 台風で飛んだ木の枝なども多く、イモチの被害が酷くて出来は良く無かったのですが、今日は夕方まで掛かってトラックにフレコン2個分を収穫。

18-10-19-161336-54.jpg

 全国的に秋晴れの一日との事で、雲一つない晴天を予想していたのですが、西の山の上にわずかな雲が。それでも気持ちの良い一日でした。

18-10-20-151815-54.jpg

 これまで何度も煮え込んで、稲刈りも田植えも苦労する水口部分が今年は良く乾いていて大助かり。代掻きの時かなり土を移動したのも効果が有りました。

18-10-20-153804-54.jpg

 圃場整備田は農道が広いので、何時もの軽トラではなくダイナで籾を運んでいます。これだと一度にフレコンを2個載せられるので、独り百姓の時は効率的なんです。

18-10-20-163848-54.jpg

 22日、南市区の惣社神社で注連飾りを作るのに使う滋賀羽二重糯の脱穀。手刈りをして社務所で陰干しした稲を持って来て来て貰いました。

18-10-22-084814-54.jpg

 作業自体は大したことはなく、しかも宮守さんは2人とも元は農家。私はもっぱらカメラマンに専念していても、何の問題もなし。

18-10-22-085220-54.jpg

  明くる日の滋賀羽二重糯の刈り取りに備えて、コンバインの大掃除。粗方のゴミを田圃で落として帰らないと、我家の庭がゴミだらけになるので。

18-10-22-110204-54.jpg

 午後、農機具店の積載車で家へ戻し、改めてあちこちバラして整備しながら、コンプレッサーで吹いて大掃除完了。

18-10-22-131432-54.jpg

最後のコシヒカリ

 15日は昼前から稲刈りに行くのに佐千夫に声を掛けると、今日はバイトが無いのでコンバインに乗るというので、運転手交代。

18-10-15-120125-54.jpg

 これまでは周囲を私が刈ってから運転を交代していたのですが、今日は最初から最後まで全部任してみました。

18-10-15-121256-54.jpg

 夏場に世話が行き届かず、稲の出来は良く無いので収量は少なめでした。

18-10-15-122158-54.jpg

 水が抜け田面が乾くのを待って刈ったので刈り遅れを心配していましたが、刈取り時の籾水分は 18.9% と表示が出て、ちょっとホッとしています。

18-10-15-122448-54.jpg

十箱の刈り取り

 13日午後から2反歩ある十箱の田へ行ったのですが、予想通り川に近い西の方は水が抜けていなくて、取り敢えず東の方を 2/3 程刈った所でタイムアウト。

18-10-13-144152-54.jpg

 あくる日も田面の水を気にしながらの稲刈りでしたが、それ程コンバインが沈むわけでは無かったので助かりました。

18-10-13-145753-54.jpg

 田面に水が溜まっているけれど、中干はきちんとやってあるので何処まで入れるか?

18-10-14-145157-54.jpg

 結局例年通り、畔際ギリギリの部分だけを残して何とか刈り取りました。残った部分は手刈りして稲刈り終了。

18-10-14-154130-54.jpg

 そのままではとても家迄乗って帰れないので、コンバインの足回りをエンジンポンプで洗浄。

18-10-14-155856-54.jpg

台風に追われて

 3日は10時半過ぎまで待って刈り始めたのに、道路際の一番北側の田でいきなり詰まって仕舞いました。しかも台風で飛ばされてきた色々な物が落ちていて、コンバインを壊さないかとヒヤヒヤものでした。

18-10-03-5038-54.jpg

 正面のお宅は、30年位前まで肥料を納めていた事の有る農家。この田の水管理をたまにして貰う事があったので、お礼に新米を少し持って行きました。

18-10-03-5039-54.jpg

 まだ田面に抜けきらない水が溜まっていたのですが、明日から雨になる事を考えて稲刈りに出掛けたのですが、夕方になると綺麗な夕焼け。

18-10-03-174610-54.jpg

 4日は夕方までは曇りの予報も出ていたのですが、何時降り出してもおかしく無い様な空模様。

 しかしこの先台風25号が来る事を考えると、此処が三尾里地区最後の圃場なので、無理してでも刈って仕舞いたくて出掛けました。

18-10-04-104240-54.jpg

 かなりネタヒカリ状態になっていて水も溜まっていたので、稲の乾く午後から刈った方が良いのですが、兎に角今日は空模様との競争なので、朝10時半から刈り始めました。

 途中で2度程、引き抜けた稲株が食い込んで慌てましたが、何とか昼迄掛かってフレコン2杯弱の籾を刈り終えました。

18-10-04-121615-54.jpg

我家の田も稲刈り

 彼岸花が咲き始めたので、我家の小作地で一番綺麗な畔を見に行ったのですが、何とコシヒカリは既に刈り旬を迎えていました。

 週間天気予報では26日までの1週間、23日の日曜日以外はず~と雨。そこまで待てば完全に刈り遅れになるので、急遽コシヒカリを1枚だけ刈り取りました。

18-09-22_183614-54 - コピー

 実はこの田だけは試しに元肥を変えたので、登熟が早かったのはその影響かと思うのですが、刈取り水分は25%前後。もっとも夏場の体調不良で、今年は穂肥が入れられなかったので、収量は期待できそうにありません。

 フレコンで1袋半程なので、良くて8~9俵かな。問題は味。そこを狙って元肥を変えてみたのですが、穂肥は入って無いしさてどうでしょう。予定外の稲刈りだったので乾燥機の準備が出来ていなくて、残っていた籾を臼摺りしてから大掃除。遅めの晩飯前にようやく張り込んで、通風乾燥しています。

18-09-19-4766-54 - コピー

 雨が上がって陽射しが戻って来ました。待ち兼ねた様に、あちこちでコンバインが動き始めましたが、中には稲藁が刈刃に詰まって難儀しているのも。

 我が家が先日刈り取った田の畔では、ヒガンバナが満開になっていました。

18-09-22-4817-54 - コピー

 24日、今日は稲の状態も良いので大丈夫と思って、昨日の圃場の隣を刈っていたら油断大敵・好事魔多し。極めて順調に刈っていたのに、まさかの三周目で詰まらせました。

 全く予期していなかったので、半端ない詰まり方。昼食を挟んでかなり長時間掛かって稲藁を抜き、ようやく再稼働。

18-09-24-4838-54 - コピー

 思いの外時間を浪費しましたが、夕方まで雨にならなかったお陰で、先日刈り取って預かっていたお得意先のコシヒカリをフレコンに抜き、2反分の籾を無事に張り込みました。これで明日雨になっても大丈夫。

18-09-24-4844-54 - コピー

稲刈り事始め

 台風20号では農機ハウスのシートが吹っ飛び、なかなか修理が出来ないままなのですが、稲刈りを控えたコシヒカリは少しネタヒカリになっただけで済みました。

18-09-05-4446-54.jpg

 この位の寝方だと稲刈りの作業上も収量的にも、それ程問題は有りません。

18-09-05-4447-54.jpg

 我家の田だけでなくお得意先農家の田が気になって見に行って来ましたが、此処は別格の出来具合で驚きました。「楽一20S」を使って貰っていますが、何より熟色が素晴らしくてこれなら収量もかなり有りそうです。

18-09-07-4514-54.jpg

 18日、ようやく日差しが戻って来ました。午後からお得意先農家のコシヒカリ、3枚で2反歩を刈り取り。今年のコンバインの初仕事です。

 少し倒れていた部分も問題なく周回して刈れ、軽トラに組んだフレコンスタンドも、昨年同様上手く使えることが分かり、仕事始めは上々でした。

18-09-18-4714-54.jpg

 今日の収穫はフレコンに軽く3杯。満タンに詰め込むと8俵位になるので、6俵分位詰まっているとして18俵? 刈取り水分22%だったので夕方乾燥機に張り込み、バーナーは使わず通風乾燥しています。

18-09-18-4719-54.jpg

 二枚目の田の右隣は草が酷くて、下手の田に一人・上手の田に二人が、草を抜きながら手刈りされていました。3人とも顔見知りなんですが、流石に気の毒で声を掛けられませんでした。

 昨日は下手の田にコンバインを入れたらしいのですが、中途で終わっています。

18-09-18-4722-54.jpg

 こちらは夕方まで掛かって順調に刈り取りが済みました。お隣の田は明日も夕方からコンバインが入る予定との事ですが、明後日は雨の予報。何時して刈り終えられるやら。

18-09-18-4724-54 - コピー

プロフィール

 平井 貞夫

Author: 平井 貞夫
 かじや村は鍛冶屋村。私の住む戸数10戸の小字名。
「かじや村便り」は平井農産のホームページに載せていましたが、平成22年5月号からブログへ移行しました。
 青文字の部分をクリックして頂けば、関連するブログやホームページへ移動します。
 
 滋賀県高島市安曇川町田中  平井肥料店/平井農産

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR