FC2ブログ

「十箱」の田植え

  代掻きの水加減は微妙。まずは少なめの水でレンゲの残渣を埋め込み、2回目は少し水を入れて仕上げの代掻きをします。しかし場所によっては水が載らず、2回では済まないことも。

16-06-21-9545-5.jpg

  21日、午後には佐千夫が戻ってきて仕事をすると言うので、十箱の田の2反歩の代掻きを最初から任せてみました。今まで最初から最後まで本格的にやらせた事は無かったので、初仕事に近いのですが。

16-06-21-9560-5.jpg

  案の定暗くなっても仕上がらず、最後は私が交代して仕上げたものの、まだ少し手直しが残っています。

16-06-21-171819-5.jpg

  苗床が段々と駐車場から離れていくので、苗ラックをリフトで苗床の頭へ持って行って、リフトは駐車場で待機。佐千夫がバイトに出ているので、苗を取るのも運んでラックに詰めるのも独り仕事。苗が大きくなって結構体力が要ります。  

16-06-23-9561-5.jpg

  苗を詰め終わったら改めてリフトで軽トラに載せて、圃場へ向かいます。これだと軽トラを狭い道路に駐めておく必要がないので、通行車両の妨げになりません。

16-06-23-9565-5.jpg

  この状態で美代が苗を渡してくれます。苗ラックの苗箱に苗取り板を差し込み苗を取り出すのですが、苗が大きいと根が張っていてこれも体力が要ります。

16-06-23-9566-5.jpg

  代掻きをして中一日置いて田植えというのが、我が家の圃場の土壌条件には一番ピッタリします。しかし前夜の雨が思いの外溜まっていたので、23日午後から「十箱の田」を植えました。

16-06-23-9570-5.jpg

  梅雨時には有り難い晴れ間で、それ程暑くもなくて絶好の田植え日和。カメラマンは美代です。

16-06-23-9574-5.jpg

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

 平井 貞夫

Author: 平井 貞夫
 かじや村は鍛冶屋村。私の住む戸数10戸の小字名。
「かじや村便り」は平井農産のホームページに載せていましたが、平成22年5月号からブログへ移行しました。
 青文字の部分をクリックして頂けば、関連するブログやホームページへ移動します。
 
 滋賀県高島市安曇川町田中  平井肥料店/平井農産

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR