FC2ブログ

旧宅の裏の田で

  昔はみんなこんな風にやっていました。動力散布機が無かったので、元肥を撒く時には田の中を歩かなければならないので、まず最初に肥料を撒いてその後水を入れ、代掻きをして田植え。

  しかし今は殆どの農家が、田植機に搭載した施肥機で肥料を埋め込みながら田植えをします。しかし我が家では、まず肥料を撒いてから代掻きをしているのです。

16-06-18-150040-5.jpg

  実は肥料を撒くのは動噴を使ってもしんどい作業。散布機が13kgあるのにそこへ肥料を20kg入れるので、体重53kgの私の背中に33kgの荷物が載ることになります。

16-06-18-171139-5.jpg

  代掻き自体は水加減さえ良ければ、高低差を気にし過ぎ無ければそれ程難しくは有りません。とはいえ、農作業の中では一番気を使うと誰もが言うのですが。

16-06-18-180802-5.jpg

  代掻きが上手く出来ていれば、田植えは「ライス プランティング ジョイ」等と言いながら、真っ直ぐに植わるかどうかを楽しんでいます。新入りの田植機にもやっと慣れました。

16-06-20-174305-5.jpg

  この圃場は地主さんの古い家の裏。以前は水道を使わせて貰っていたのですが、数年前から水道は止まっています。隣の圃場との間の農道が狭く、水路の際までトラクターをバックさせられなのですが、それでも洗車しない限り前方の住宅街を抜けられないので、毎回こんな風です。

16-06-20-182241-5.jpg

  2日前から置いてあったトラクターと、今日使った田植機を洗車。余りしつこく洗うと、農道がグチャグチャになって折角洗ったタイヤが又汚れてしまいます。

16-06-20-184200-5.jpg

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

 平井 貞夫

Author: 平井 貞夫
 かじや村は鍛冶屋村。私の住む戸数10戸の小字名。
「かじや村便り」は平井農産のホームページに載せていましたが、平成22年5月号からブログへ移行しました。
 青文字の部分をクリックして頂けば、関連するブログやホームページへ移動します。
 
 滋賀県高島市安曇川町田中  平井肥料店/平井農産

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR