FC2ブログ

水路を改修

  昨日の午後から水路の泥上げ。右側が我が家でお預かりしている田ですが、元々4筆に分かれていたのを1枚に均したので、田の頭部分が相対的に用水路より低くなったのと、それまで前の耕作者が何年も泥浚えをしてなかった事もあって、年々田が乾きにくくなってきました。

  とりわけ昨年は、稲刈りをするために水を落としてもなかなか排水できず、田の両側に手溝を切ってもなお真ん中辺りの水が抜けなくて、コンバインが直進できず刈り穫りに難儀しました。

  昨年12月に畔際に入れた畔板も効果があって、段々と田面が乾いてきたのですがそれでもまだ少し軟らかいので、水路の向こう側の地主さんに通行をお願いし、バックホーで作業しました。

16-03-27-144630-8.jpg

  バックホーのバケットを法面成形バケットにしているので、こういう場合には作業性抜群。少しずつ横に移動しながら川底の泥を浚えて、我が方の田の畔に落とします。

  水路には真菰(マコモ)が生えているのですが根が太くて硬く、とてもスコップで掘り上げられる程度ではありません。これが邪魔をして泥が溜まるので思い切って堀り取ました。

  実は、バックホーで入らせて貰いたいと思って地主さんにお願いしたところ、長年減反して草だらけの田なのに最初は渋っておられたのですが、バックホーでマコモを掘り上げたいと言うと、自分もスコップで掘ってみたが手に負えなかったと言って、やっと了解して貰えました。

16-03-27-144654-8.jpg

  ただ我が家のバックホーのアームは精一杯延ばしても、向こう岸の我が方の田の畔に泥を落とすのにはギリギリでした。時にはせっかく抄った泥を水路に落としたりも…。

  本当なら、積み上げた泥をバケットで押さえたかったのですが、それは無理。それでも1時間余りで水路の泥を綺麗に堀上げたので、水の流れは格段に良くなりました。

16-03-27-144547-8.jpg

  今日見に行って来ましたが、このままでも十分な位。もう少し田面が乾いて来れば、改めて我が方の田から川床を堀り、畔に載せた泥を押さえて綺麗に成形しようと思っています。

  上手くいけば川岸の畔も畔板の内側に、畔塗機かバックホーで畔塗りが出来るかも知れません。川床は10cmほど下がったし、これだけ手を尽くせば今年はもう大丈夫でしょう。

16-03-28-142634-8.jpg

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

 平井 貞夫

Author: 平井 貞夫
 かじや村は鍛冶屋村。私の住む戸数10戸の小字名。
「かじや村便り」は平井農産のホームページに載せていましたが、平成22年5月号からブログへ移行しました。
 青文字の部分をクリックして頂けば、関連するブログやホームページへ移動します。
 
 滋賀県高島市安曇川町田中  平井肥料店/平井農産

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR