FC2ブログ

桜の切株の手当て

  十箱の藪で伐り倒した桜の樹は、新芽が出来掛けた時点で幹にチェーンソーを入れられたらしく、新芽はいしけて(石化て?)動く様な気配は有りません。

  この桜が大好きだった母が嫁いできた昭和13年には、既に相当な大木だったと言っていましたので、樹齢までは分かりませんがかなり古いのは間違いありません。

  23日は大正2年生まれで、6年前に97歳で亡くなった母の誕生日。何本か枝を持って帰って家の前の川端に漬けてみましたが、新芽が伸びて花が咲くことは無いのでしょうか。

16-03-23-8975-8.jpg

  22日に伐り倒し玉切りを済ませたあと、枝を始末していると近くの方が散歩に来られ、樹を伐ったのはかなり前やと言われました。初めは何の事か分らなかったのですが…。

  言われて初めて気付きました。伐り倒さなかったもう1本の桜の樹の幹は、樹皮を削られ無残な姿になっていました。これでも倒れなかったので、改めてチェーンソーで切ったのでしょうか。

16-03-23-8966-8.jpg

  桜の樹は思いの外堅かったので、切り口はスカッと面一にはなっていません。しかも古い樹なので、真ん中にはいくつもの空洞がありました。一応は古い歯ブラシで掃除したのですが。

16-03-23-8972-8.jpg

  切り口を綺麗にして、消毒と防腐を兼ねた薬剤を塗っておこうと、問屋さんからトップジンペーストを2本取り寄せました。200g入りのチューブだったのですが、使ったのは半分ほど。効果は2ヶ月程と聞いたので、折を見てまた塗ろうと思っています。

16-03-24-150904-4.jpg

  伐り口を薬剤で処置した後は、肥料の空袋を被せてひもで括ってあります。これだけ手を尽くしても新芽が吹いてくる可能性は低いかと思うのですが、期待して待っています。

16-03-24_150145-1.jpg

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

 平井 貞夫

Author: 平井 貞夫
 かじや村は鍛冶屋村。私の住む戸数10戸の小字名。
「かじや村便り」は平井農産のホームページに載せていましたが、平成22年5月号からブログへ移行しました。
 青文字の部分をクリックして頂けば、関連するブログやホームページへ移動します。
 
 滋賀県高島市安曇川町田中  平井肥料店/平井農産

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR