FC2ブログ

稲刈りが終了

  南市区の「ハローウィーン・ザ・南市」が1日に終わると、待っていてくれたかのように雨。中2日空けて4日に中生品種を刈取りに行ったのですが、順調だったのは最初だけ。

こっち側は乾いていて順調

  圃場の北側にある水路の川床が高くて毎年バックホーで掘るのですが、肝心の圃場がグチャグチャなので、近寄れないのです。お陰でこの通り。無理せず途中で左折しました。

水路側はグチャグチャでした

  水路のある北側5mほどは残して南側を先に刈ったのですが、何と圃場の西半分にはまだ水が載っていて驚きました。これ程水捌けの悪い状態は、お預かりして3年で初めて。

水口部分10㎡ほどは佐千夫が手刈り

  10月初めに水戸尻を抜き、圃場の両側に手溝を切って排水を図ってあったのに、その付近だけは乾いたものの中の方の水はそのまま。ちょっと理由は分かりませんが、10月が平年の1/3程しか雨が降らなかったのを考えると、全く信じられません。

この辺りまで水が溜まっていて驚きました

  週末から雨になる予報。乾燥機が片方空くので最後のヒノヒカリを刈取りました。残念ながら3反2畝ある圃場整備田は、田植え直後に野生の鴨のカモになり、真ん中の大部分を食害されてしまいました。見つけた時には10羽くらい泳いでいたので、ガックリ。

  すっかり気落ちして、畔草刈りはしましたが穂肥時期を見誤り、穂肥の施肥量も少なかったので草丈も最低。従って収量も殆どありませんでした。地主さんには被害田としての申請をお願いしてあったのですが、どうやら無視されたようです。

野生のカモの食害の結果です

  今年最後の稲刈りになった家の近くのヒノヒカリも、苗が無くなって周囲が隅まで植えられず放置。穂肥も十分で無かったのか、こっちの田も極めて不出来でした。

南側から写すと余計にいボケますね

  稲の色合いも極めて不満の残る状態。肥料不足で背丈も穂長も例年の半分ほどで、これでは収量は期待できません。それでもこの状態で刈遅れでは無くて、水分22%でした。

  今年の米作りには反省点が多々あります。来年全部が解決できるかどうかは分かりませんが、道筋だけは頭になかに出来上がっていますので、また頑張らないと。

一見刈り遅れのような色ですが

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

 平井 貞夫

Author: 平井 貞夫
 かじや村は鍛冶屋村。私の住む戸数10戸の小字名。
「かじや村便り」は平井農産のホームページに載せていましたが、平成22年5月号からブログへ移行しました。
 青文字の部分をクリックして頂けば、関連するブログやホームページへ移動します。
 
 滋賀県高島市安曇川町田中  平井肥料店/平井農産

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR