FC2ブログ

台風一過ですが

  台風18号は知多半島の先端辺りに上陸し、岐阜から福井方面へ抜けました。我が家からみると琵琶湖の向こう側を通ったわけで、まるで何事もなかったように過ぎ去りました。

  雨こそかなり降りましたが、三重や静岡・関東方面の土砂降りと比べると、問題にはなりません。一番初めに植えたコシヒカリも大丈夫でした。

一番初めに植えたコシヒカリ

  南側(上の写真で奥)に総合体育館があり東側(左奥)には元の公民館が建っていて、この田の南東の隅は日当たりからいえば最悪の条件。今年は南(奥)の方は2mほど植えませんでした。

  上の写真でいえば奥の左隅になるのですが、直射日光が一日中殆ど当たらない一番危ないこの部分が倒れなかったので、他はまず大丈夫。それなりの作り方はしていますので。

一番危なかった部分も大丈夫でした

  此処はこの辺りでは一番の早場米地帯なのですが、周辺の田では殆ど刈り穫りが進んでいません。今週中は秋晴れにはならない様なので、みんなイライラがつのっているでしょうね。

  我が家の耕作田は2枚で3反ですが、この分では稲刈りは多分月末?

周辺のコシヒカリには刈り旬の過ぎた田も

  奥の方に写っているまだ青い山田錦を見に行くと、こんな田がありました。かなり前から倒伏していたので、刈り取りは難儀な事でしょう。此処は隣町で、私とは作付時期が違うのでめったに会わないし、誰が作っているのか分かりませんが、確か前もこんな風に倒れていたような…。

こんな田もありました

  稲が軟らかくて下手に作ると伸びすぎて倒れやすい糯米も、穂肥を遅らせて入れたので短いし、まだ出穂したばかりなので全く倒伏の気配はありません。

  手前の注連縄作り用で青刈りする部分だけでも、もう少し早く穂肥を入れて伸ばしても良かったのですが。手刈りする部分以外はコンバインで刈るので、それもやりにくいのです。

糯米も出穂直後です

  中生品種もまだ出穂したばかり。元々丈夫な品種なので倒伏の気配なしです。

中生稲は出穂したばかりです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

 平井 貞夫

Author: 平井 貞夫
 かじや村は鍛冶屋村。私の住む戸数10戸の小字名。
「かじや村便り」は平井農産のホームページに載せていましたが、平成22年5月号からブログへ移行しました。
 青文字の部分をクリックして頂けば、関連するブログやホームページへ移動します。
 
 滋賀県高島市安曇川町田中  平井肥料店/平井農産

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR