FC2ブログ

フリー競技

  クロカン フェスタ 2015 の二日目はフリー競技。今日の天気を文字で表現すれば雪時々晴れなのでしょうが、選手にも役員にも非常に厳しく、時折猛烈な吹雪が舞う悪天候でした。此処に載せた写真は、その猛吹雪の合間のわずかな晴れ間に撮ったものです。

  まだ薄暗い内から、各部署に分かれてゲレンデでコース作りが始まります。少し明るくなった所でスタート地点で、スタートハウスと交信しながら機器の設定が始まりました。

スタート地点で機器をセット

  昨日に続いて私はもう一人の役員とスタート台作りを担当。大体出来上がった所で、元・安曇川高校スキー部監督の岩本先生に最終調整をお願いしました。選手の目で入念な調整が続きます。

スタート台を最終チェック

  大体コース設定が終わったところで、コース脇に協賛企業のバナーを立てています。昨日の様にゲレンデ下では強風で飛びそうなので、今日は大会本部の横になりました。

協賛企業のバナーを立てています

  昨日から誰が書いたのか、この書き込みが気になっていました。殆どの設営が終わった所で、昨日の書き込みの上からもう一度、スプレーペイントを吹き付けてくれたのは彼でした。

こだわりの作者は彼でした
  コースがオープンになると、選手達がウォーミングアップを始めます。昨日と違って選手数が格段に多くて、ようやく大会らしくなってきました。この中には昨日京都で、第33回全国都道府県対抗女子駅伝で8区を走った、三宅満星選手(安曇川中学校3年)もいます。

選手達が集まって来て大会の雰囲気が上がって来ました

  成年男子3部の木村選手が元気にスタート。スポーツドクターで滋賀県スキー連盟では貴重な存在。勿論国体には滋賀県選手団の役員で参加されます。

木村隆選手がスタート

  悪天候にもめげずに走ってくれた選手達のお陰で、良い大会になりました。今日の表彰式は第1ヒュッテの中。各部門別に表彰し、最後に上位3名の選手にはメダルを授与しました。

上位3人には別にメダルを授与

  冬季競技の中でもスキーは極めて特殊で、スタート時刻によって雪質や風向き・風の強さが大きく違い、選手にはコンディションに不公平感が残ります。しかも競技場の設営を毎回一からしなければならないのは、スキー競技くらいなものでしょう。

  何処の府県でも大会運営は、スキー場にお願いする部分が大きいのですが、滋賀県ではコース設営から計時計算まで全部自前で行います。もしかしたら日本で唯一のやり方かと思います。

  その為に使用する機材は、計時計算関係を主体に軽トラ1台半分。役員は積み込み役と下ろし役とに分かれ、ロープウエイのゴンドラでこれだけの荷物を下ろして来ました。
 
これだけの荷物で大会を運営します

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

 平井 貞夫

Author: 平井 貞夫
 かじや村は鍛冶屋村。私の住む戸数10戸の小字名。
「かじや村便り」は平井農産のホームページに載せていましたが、平成22年5月号からブログへ移行しました。
 青文字の部分をクリックして頂けば、関連するブログやホームページへ移動します。
 
 滋賀県高島市安曇川町田中  平井肥料店/平井農産

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR