FC2ブログ

田の均平化の準備

  昨日肥料の配達が早めに終わったので、佐千夫はいそいそと魚釣りに出掛けました。パジェロには何時も釣り道具が積んであり、冷凍庫には氷が待機していて、直ぐに準備が出来るのです。

  今朝写真を撮ってと言うので、何時もなら自分で写すのにおかしいと思ったら、大きなスズキが釣れたので一緒に撮って欲しかったようです。このスズキは58㎝の大物でした。

昨夜の釣果で最大のもの

  何時まで経っても田植えの準備をしないので問い合わせたところ、昨年夏には小作を返上したという隣家の前に有る母家の田は、連休前に1枚畦を取って5枚が4枚になっています。

  下の写真で、手前に写っている隣の田を作っているのは、得意先農家で同級生。先日植えた田を補植していたので聞くと、元々彼の田の田尻側には、擁壁だけで土手が無かったとの事。

  少しでも畦があると草刈りをしなくてはならず、この手間は馬鹿にならないのです。夏場なら月2回は刈らないと、直ぐに草藪になってしまいます。早速畦を削り取ってみました。

擁壁沿いの畦は不要なので取っています

  この田尻側にある2枚は殆ど高低差が無いようなので、ついでに中畦を取り去って左右を繋ぎ一枚にしています。これでこの田は最初にあった5枚から2枚減って、畝町は3枚になります。

  70㎡しか無かった一番小さい田は、田の字型に並んだ4枚の田の1枚の中にありました。これは論外としてこの時点では田頭から見て、上の段に2枚下の段に1枚ということになりました。

中畦も取り払いました

  写真では判りにくいのですが、田の字の真ん中の横棒にあたる畦は交点で3m程食い違っていて、鍵の手になっています。これでは草を刈るのも面倒なので、せめて一直線に出来ないかと直していて、実はこの右側の上下2枚の田には、それほど大きな高低差は無いように思えました。

  この際やから取って仕舞うかと上下の田の間にある畦を取り払って、結局上下左右を繋いだ逆L型の右側の田と、高低差があって一緒には出来そうもない左上の田の、合計2枚になりました。

  取りあえず今年はこれで代掻きをしてみて、作土の深さを見ながら上段の田から下段の田へ泥を引っ張り、来年は全体を大きな1枚に出来ないものか検討する積もりです。

結局殆どの畦を取り去りました

  夜食に佐千夫の刺身が豪勢に並びました。スズキ・メバル・ガシラの刺身とスズキの塩焼き。いずれも淡泊ながら新鮮そのもの。これでは魚釣りばかりしてないで仕事しろとは言えませんね。

スズキ・メバル・ガシラの刺身

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

 平井 貞夫

Author: 平井 貞夫
 かじや村は鍛冶屋村。私の住む戸数10戸の小字名。
「かじや村便り」は平井農産のホームページに載せていましたが、平成22年5月号からブログへ移行しました。
 青文字の部分をクリックして頂けば、関連するブログやホームページへ移動します。
 
 滋賀県高島市安曇川町田中  平井肥料店/平井農産

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR