FC2ブログ

フリー競技

  明け方から降り出した雪は段々と酷くなり、大会2日目は終日-3℃という寒いコンディション。一番標高の高い場所で関門員を勤めた一井さんは、寒くなるとスキーをして体を暖めていたとか。

風が無くて助かりました

  幸い選手達の元気な走りに励まされ、スタッフとして働いたスキー仲間が、箱館山スキー場では初の「全日本スキー連盟公認B級大会」の運営を、滞りなくやり遂げた事を誇りに思っています。

優勝した近畿大学の木村選手スタート

  昨日取材して頂いた大会初日の記事が、毎日新聞滋賀版に掲載されました。bib №1と№2は共に龍谷大学の選手ですが、奥村監督に連絡すると初心者とのこと。良い記念になりました。

毎日新聞 滋賀版に掲載された記事

  係員が、セイコーCT-400を2台駆使して計測しています。この作業は他のスキー場では、スキー学校の専任スタッフが担当するところを、滋賀県ではスキー連盟の仲間が行っています。

計時計算担当のオペレーション・スタッフ

  場内放送も充実。2人のスタッフがスタートする選手の氏名や所属を紹介し、次々とゴールする選手のタイムまでアナウンス。国体やインターハイ等の全国大会にも、見劣りしないでしょう。

  選手を育成する上で、子供達が全国中学や全国高校等の大きな大会に行っても、箱館山の大会と何ら変わらない雰囲気で試合に臨めるよう、同じレベルでこの大会を運営しています。

放送担当のアナウンス・スタッフ

  表彰式・閉会式は昨日と違い、箱館山スキー場第1ヒュッテの中で行いました。大会のために貸切状態にして頂けるからこそ出来るのですが、他のスキー場では考えられないですね。

  今日も入賞した選手達には、主催者からの表彰状・記念メダルの他に、大阪のクロスさんから提供して頂いたストックやスキーケース・帽子などを渡しました。選手達は大喜びです。

今日の表彰式は第1ヒュッテの中で

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

 平井 貞夫

Author: 平井 貞夫
 かじや村は鍛冶屋村。私の住む戸数10戸の小字名。
「かじや村便り」は平井農産のホームページに載せていましたが、平成22年5月号からブログへ移行しました。
 青文字の部分をクリックして頂けば、関連するブログやホームページへ移動します。
 
 滋賀県高島市安曇川町田中  平井肥料店/平井農産

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR