FC2ブログ

コンバインの修理

  今朝8時頃、YES(安原エンジンサービス)の賢君から、「これから行きましょうか」との電話。佐千夫を助手にして自分でコンバインを直す積もりでいたので、この申し出は非常に有り難く直ぐに新しいクローラを積み、念のため工具箱と掛矢にCRC-556を持って軽トラで出掛けました。

  既に息子の雄介君がボルトを緩めていて、賢君がユニックでコンバインを吊り上げ壊れたクローラを外し、新しいクローラを填めてくれました。2本の交換に要した時間はわずか1時間ほど。

  側で見ていてもし自分でやっていたら、おそらく半日掛かっても出来なかったのじゃないかと思いました。クローラの取り外しや填め込みにはちょっとしたコツもあって、やはりプロですね。YESというと分かりにくいですが、元は安原農機。我が家の農機具のホームドクターなのです。

2人掛かりで1時間の作業でした

  昨日の雨が乾くのを待って、午後遅めに1週間振りの稲刈りを再開しました。足回りに何の不安も無くなって、14日に少しずつ刈り残した2枚の田で、佐千夫が快調に刈り取っています。

  大きい方の田では地主さんのご希望で、畑に使う分の藁だけカッターを通さず、田面に落としておきました。この前もそうしたのですが、大雨に当たって仕舞ったのでやり直しです。

快調に稲刈りをしています

  乾燥機の都合でもう一枚の田も刈り取り。こっちは元々4枚で3反歩あった田を1枚に造成して2年目。まだ水口に近い方は、側を流れる用水路の川床の方が田面より高く、絶えず水が染みこんで全く乾きません。手溝を切り何度もエンジンポンプで排水しているのですが。

  昨年はまだ田面が均平化されていず、水口周辺だけでなく中心部にも水が抜けていない所があって稲刈りに難渋しましたが、今年田面が軟らかいのは水口部分だけ。

  これも先日福島の友人から貰ったバックホーを使って、川床を掘り下げ畦を高くし水が染みこまないように固く出来るので、今年限りの苦労になるのでしょうね。農閑期が楽しみです。

面積は少ないのですが此処だけはグチャグチャです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

 平井 貞夫

Author: 平井 貞夫
 かじや村は鍛冶屋村。私の住む戸数10戸の小字名。
「かじや村便り」は平井農産のホームページに載せていましたが、平成22年5月号からブログへ移行しました。
 青文字の部分をクリックして頂けば、関連するブログやホームページへ移動します。
 
 滋賀県高島市安曇川町田中  平井肥料店/平井農産

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR