FC2ブログ

台風一過の秋晴れ

  「漬かず込まずの鍛冶屋村・嫁にやりたや鍛冶屋村」と、安曇川下流域では古謡にうたわれていたと、母から聞かされました。その母はこの話を祖母から聞いたと言うのですが、私の住む鍛冶屋村は安曇川の中流域にあって、しかも周辺の地区からは少し高みになっています。「大水が出ても家が水に漬かる事はなく、川でさえ水込みしない鍛冶屋村」と言う意味だと言う事なのです。

  祖母はその当時、大水の度に浸水騒ぎを経験していたと思われる、安曇川では下流域の青柳地区の生まれでしたから、この様に謡われていた鍛冶屋村から縁談が有った時、一も二もなく承知し我が家へ嫁いで来たと話していたそうです。明治41年3月の事でした。

  昭和28年、当時私は小学校6年生でしたが、安曇川の堤防があちこちで決壊し大きな被害が出ました。祖母の実家の辺りまで、長靴を履いて見に行った記憶があります。「二十八水(にじゅうはっすい)」と今に語り伝えられる大災害でした。丁度60年前の出来事です。

  昨日はこの八田川にも川幅一杯に水が流れ、畦を越えて溢水しそうな程でした。奥の方に我が家のコシヒカリと山田錦が9反半ほど有りますが、何とか難を免れ無事でした。

大きな被害が出なくて良かったです

  台風一過の秋晴れと言いますが、昼過ぎには日差しが戻って夕方には綺麗な秋晴れになりました。あちこちの水浸しになった田の水戸尻を抜き、稲刈りに備えて排水しています。

半日前でこんな風でした

  今朝見に回った時には、水は結構良く抜けていて倒伏も思ったよりは少なかったので、次の台風も発生していて気になりますが、田面が乾いたら何とか稲刈りが再開出来そうです。

多少の倒伏は仕方ないですね

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

 平井 貞夫

Author: 平井 貞夫
 かじや村は鍛冶屋村。私の住む戸数10戸の小字名。
「かじや村便り」は平井農産のホームページに載せていましたが、平成22年5月号からブログへ移行しました。
 青文字の部分をクリックして頂けば、関連するブログやホームページへ移動します。
 
 滋賀県高島市安曇川町田中  平井肥料店/平井農産

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR