FC2ブログ

畦塗りが終了

  朝夕はまだ肌寒いのですが日中は暑いほど。しばらく晴天が続いたので、普段は乾きの悪い神明講の田へ畦塗りに行って来ました。ここは不法に宅造された住宅地の斜面の下にあり、普通なら設置されている筈の排水用の側溝が無いので、どうしても田面が乾かないのです。

  今日行ってみるとその斜面に、秋に切り倒したと思われる竹が放置されていました。当然私が小作している神明講の田の上にも載っていて、斜面の上の宅造地に放り上げるのに汗だくになりました。しかも大量の笹の葉が田面を覆っています。ムカッとしましたが片付けるよりありません。

変形の長田ですが神明講の田です

  斜面の下部に排水路が無いのを知らなかったので、何故田がぬかるむのか分からなくて、最初の年にはトラクターやコンバインを煮え込ませ、田植えも稲刈りも大変苦労しました。

  今年はかなり良く乾いていたので、畦を2重に塗って間を排水路にする事にしました。田の作付け面積は少し減りますが、これで今年は農作業が楽になることと思います。

畦を2重にして排水溝を作りました

  畦塗りは慣れたらそれ程難しい作業では無いのですが、真っ直ぐに塗って行くのにはちょっとしたコツもあります。今度の畦塗機もそうですが、特に一昨年まで使っていた畦塗機では、普通に塗って行くとどうしても畦が前年のものよりも太くなってしまうので、少し前輪を畦の上に載せトラクターを傾けるようにして走らせていました。

  昨日佐千夫に今年の初仕事をさせましたが、100mの畦の途中からグニャグニャに曲がって仕舞いました。緊張していた前半は良かったのに、中途半端に慣れて来たためかも?

  右側の田は私が塗ったのですが、左側の田で一応前進もバックでの畦塗りも教えました。佐千夫は器用なところがあるので、次は一人でも上手く塗れるでしょう。

昨日の佐千夫の初仕事です

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

 平井 貞夫

Author: 平井 貞夫
 かじや村は鍛冶屋村。私の住む戸数10戸の小字名。
「かじや村便り」は平井農産のホームページに載せていましたが、平成22年5月号からブログへ移行しました。
 青文字の部分をクリックして頂けば、関連するブログやホームページへ移動します。
 
 滋賀県高島市安曇川町田中  平井肥料店/平井農産

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR