FC2ブログ

注連縄作り

  低気圧が抜けたあと、大陸から寒気が降りてきて冷え込むとの予報でしたが、朝から日差しがあって穏やかな冬晴れ。南市区の惣社神社で、新年を迎える準備の注連縄作りがあるのですが、我が家の仕事は全て天気次第なので、今日は雪になる前にお歳暮配りで行ったり来たり。 

  9月に青刈りした滋賀羽二重糯の稻藁は、会議所の屋根の下で陰干しして保存してあったので、藁にはまだ青みが残って蒸れても無くて、非常に綺麗な色に仕上がっていました。

  今年は2台借りられた千歯扱きを使って、朝から稲藁を削ぐり藁打ち機で柔らかくし、午前中いっぱい掛かって楷藁にしたそうですが、ここまでは昨年より遙かに順調でした。

半日掛かりで注連縄作りの準備

  夕方もう一度写真を撮りに立ち寄ってみると、どうも昨年よりペースが遅く難儀をしている様子。役員とはいえ年に一度の注連縄作り。しかも何年も神社役員をしている分けでも無いので、昨年の事を思い出しながらお互いに教えられたり教えたり。時間が掛かっても仕方ないですね。

ここは確かこうやったなあ…

  注連縄は左捻りなので、右利きの者にはちょっとやりにくい事もあり、まさか手に唾をして頑張ると言う訳にもいきません。日頃は椅子の生活に慣れている事もあり、一日中座り仕事なのに仕事柄ブルーシートに座って、汚れないように座布団も使えないので結構きつい作業なのです。

暗くなる頃にようやく最後の仕上げ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

 平井 貞夫

Author: 平井 貞夫
 かじや村は鍛冶屋村。私の住む戸数10戸の小字名。
「かじや村便り」は平井農産のホームページに載せていましたが、平成22年5月号からブログへ移行しました。
 青文字の部分をクリックして頂けば、関連するブログやホームページへ移動します。
 
 滋賀県高島市安曇川町田中  平井肥料店/平井農産

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR