FC2ブログ

山田錦の検査

  山田錦の乾燥が済んで、JA西びわこに検査をお願いしてあったのですが、9日に行って検査を始めると何と水分過多で、このままだと規格外になって販売出来ないとの事でした。

  粳米は水分16%以下なら検査は通るのですが、普通は15.5~14.5%になるよう調整します。しかし山田錦は水分15%以下でなければ検査は通らないとのこと。

最初に行った9日はこんな良い日だったのですが

  規格外では困るので一旦持って帰り、羽二重餅の乾燥で使った平型乾燥機をもう一度組んで、今度は隙間を全部ガムテープで目張りし、バーナーを使ったのでは米が割れる可能性もあるので、ファンヒーターを使って暖めた空気を送り込んで乾燥しました。

  ファンヒーターを25℃に設定して送風すると、室温15℃なのに米の穀温は20℃に上がり、1日で1%ほど米の含有水分量が下がったので、今日改めて検査に行ってきました。

  残念ながら今日は雨の予報。昨日からパレット積みした米をラップし、トラックに積んでロープで締めてからシートを掛けて準備していました。検査自体は屋内なので問題は有りません。

  昨年同様、スキー仲間のJA職員が検査に当たってくれたので、検査結果も詳細に説明して貰いました。山田錦を作っている2枚の田の内で、小さい2反3畝の方の米の方が品質が良かったのですが、3反2畝の方は藪の陰になるのでさもあろうと納得です。

JAの低温倉庫で検査をして貰いました

  検査結果は2等でした。山田錦は米粒の中心部に心白と呼ぶ不透明な白い部分があり、酒造好適米としての大事な資質なのですが、我が家の山田錦にはこの心白の発現が不十分な米が混じっていて、これが検査等級を落とす原因になりました。

  帰りはもう一度ラップし、ロープで締めてからシートを掛けて戻ったのですが、午後はずっと小雨が降り続いていて、トラックから降ろして倉庫に仕舞えないままになっています。

ラップしてこの上からシートを掛けて往復しました

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

 平井 貞夫

Author: 平井 貞夫
 かじや村は鍛冶屋村。私の住む戸数10戸の小字名。
「かじや村便り」は平井農産のホームページに載せていましたが、平成22年5月号からブログへ移行しました。
 青文字の部分をクリックして頂けば、関連するブログやホームページへ移動します。
 
 滋賀県高島市安曇川町田中  平井肥料店/平井農産

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR