FC2ブログ

牽引してバック

  「環境こだわり農産物生産圃場」のコシヒカリを籾摺りしていて、途中で籾殻を収納しているワゴンが一杯になり、作業を中止して近くの田に籾殻(この辺りでは籾殻を、スリヌカ・摺糠と呼びます)を撒きに行って来ました。写真は、散布の途中でトラクターの運転を代わったので、そのまま佐千夫が運転して帰って来て、バックして直角に曲がり所定の場所に入れている所です。

  ワゴンなどを牽引してバックするのは結構難しく、ましてバックしながら直角に曲がって元の場所に入れるのは慣れないと難しいので、佐千夫もしばらくやっていなかったために苦労していました。

  こんな場合にハンドル操作を、右だ・左だと教えても出来るのはその時だけ。結局ちゃんとバック出来る様にはならないので、気長に待って危ないときだけ声を掛ける様にしています。

  これは、長年派米農業研修の渡航前講習で教えていた時の経験からですが、基本はワゴンの後ろが右にはみ出したとき、元に戻すためにはハンドルを右に切る…、これだけなのです。ただハンドルを切っても直ぐには戻らないので、しばらく辛抱して待つ…のがコツですね。

  佐千夫には一応教えてあるのですが、2年ほど乗せてなかったので勘が戻らなかった様です。何度も切り返し時間が掛かっていましたが、何とか元の小屋の庇に入れる事が出来ました。

牽引してトラクターでバックするのは結構難しいのです


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

 平井 貞夫

Author: 平井 貞夫
 かじや村は鍛冶屋村。私の住む戸数10戸の小字名。
「かじや村便り」は平井農産のホームページに載せていましたが、平成22年5月号からブログへ移行しました。
 青文字の部分をクリックして頂けば、関連するブログやホームページへ移動します。
 
 滋賀県高島市安曇川町田中  平井肥料店/平井農産

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR