FC2ブログ

手掘りの導水路

  「にこまる」を植えているのは非常に水捌けの良い田なので、稲刈りまでしばらく間がありそうなのに田面が白く乾いて来ました。気になっていたのですが、上の田のコシヒカリが少し倒伏していて、稲刈りの都合を考えると水が入れられなかったのです。

  すぐ側を流れる水路はあっても単独での水口は無く、上の田からの貰い水しか水を入れる方法の無い田で、苗代跡地のコシヒカリを刈り取ったのでようやく手堀の水路を作りました。

  わずか30m程の導水路を作るのに1時間ほど掛かったもので、津波や台風の被災地の方々の苦労はどんなだろうと、思わず考え込んで仕舞いました。

  水は低い方へ流れる…という単純な原理なのに、こんな小さな水路でも護岸の決壊や土砂ダム問題が発生。順調に水を流すのには結構な手間暇が掛かります。

「にこまる」に水を流し始めました

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

 平井 貞夫

Author: 平井 貞夫
 かじや村は鍛冶屋村。私の住む戸数10戸の小字名。
「かじや村便り」は平井農産のホームページに載せていましたが、平成22年5月号からブログへ移行しました。
 青文字の部分をクリックして頂けば、関連するブログやホームページへ移動します。
 
 滋賀県高島市安曇川町田中  平井肥料店/平井農産

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR