FC2ブログ

注連縄作り

12月13日(日) 朝9時から南市区の会議所で、お正月用の注連縄作りをしました。

今年は我が家の滋賀羽二重糯の出来が悪かったので丈が短いのですが、例年より早く出穂直後に刈り取りしたので、藁に青みがあって非常に綺麗でした。

最初に千刃扱きで稲の株元から、袴(藁スベ)を取って綺麗にします。

20-12-13-6849-540.jpg

その稲藁を小槌で叩く代わりに、この機械(藁打ち機?)を通して柔らかくします。

20-12-13-6854-540.jpg

大きめの注連縄を2個作るので、二組に分かれて柱を使って注連縄を編んでゆきます。

20-12-13-6947-540-2.jpg

2~3人が一組で作るのですが、この組は二人で。

20-12-13-6870-540-2.jpg

藁を補給する係がもう一人必要でしたね。

20-12-13-6863-540-2.jpg

こっちは稲藁の補給係付き。

20-12-13-6866-540.jpg

最初捻じった二本に、一本追加して注連縄になります。

20-12-13-6905-540-1.jpg

長さとしてはこのくらいで完成。

20-12-13-6943-540-1.jpg

出来上がったら、はみ出している藁をハサミで切り落とします。

20-12-13-6926-540-1.jpg

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

 平井 貞夫

Author: 平井 貞夫
 かじや村は鍛冶屋村。私の住む戸数10戸の小字名。
「かじや村便り」は平井農産のホームページに載せていましたが、平成22年5月号からブログへ移行しました。
 青文字の部分をクリックして頂けば、関連するブログやホームページへ移動します。
 
 滋賀県高島市安曇川町田中  平井肥料店/平井農産

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR