FC2ブログ

十箱の畦畔改良

 田面が乾いている内にやっておきたいので、12日遅くからから十箱の田の用水路沿いの畦を改修。先ずは春先には軟らかくてトラクターが畔際に寄れず、草がはびこって垂れ下がっていた畔の裾を、法面成型バケットで押し込み。

19-11-12-6221-540.jpg

 13日の朝で、こんな状態。この用水路沿いがこんなに乾くのは記憶にない程。例年ならバックホーが煮え込んで作業どころでは無いので、千載一遇のチャンス。

19-11-13-6244-540.jpg

 南側の水路沿いの畦畔は、畔塗の度に年々太くなってしまっているので、思い切って削りました。

19-11-13-6247-540.jpg

 この隅の部分が一番低いので、畔を削った土を移動させて再成型。かなり高くなってこれで大丈夫でしょう。

19-11-13-6273-540.jpg

 更に排土板で土を押しておいて、再度法面成型バケットで均しました。これでかなり水が入って来るのが防げるはず。

19-11-13-6259-540.jpg

 用水路に架かった鉄板の橋から圃場へ入ったのですが、逆に此処から出ようとしたら見事にスタック。バケットを使っても動けませんでした。

19-11-13-6275-540.jpg

 トラクターで牽引。美代に載って貰っています。これなら楽々でした。

19-11-13-6279-540.jpg

仕上げに用水路にバックホーを乗り入れ、田面より高い河床を少しでも下げようと掘ったのですが。

19-11-13-6282-540.jpg

 下流は河床が高いままなのでどれだけ効果があるか、来年のお楽しみです。

19-11-13-6288-540.jpg

 一夜明けて効果の程を確認。  用水路の河床を掘り下げたのに、下流の河床がそのままだったので流れが滞って、折角高くした畦畔を越えそうな水位になっていました。

19-11-14-6298-540.jpg

 それでも用水路からの水の侵入は一夜明けても大した事ないので、かなり効果が有ったかも知れません。

19-11-14-6299-540.jpg

 上流より下流の方が川幅が狭いのには、両側の地主が勝手に杭を打って狭めただけのこと。そこへ草が年々酷くなり見過ごせなくなってきたのです。

19-11-14-6300-540.jpg

 今日は思い切ってバックホーで削って、川幅を広げました。文句言われるかなあ。ま、こっちにはこっちの言い分があるので。

19-11-14-6303-540.jpg

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

 平井 貞夫

Author: 平井 貞夫
 かじや村は鍛冶屋村。私の住む戸数10戸の小字名。
「かじや村便り」は平井農産のホームページに載せていましたが、平成22年5月号からブログへ移行しました。
 青文字の部分をクリックして頂けば、関連するブログやホームページへ移動します。
 
 滋賀県高島市安曇川町田中  平井肥料店/平井農産

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR