田中神社例大祭

 5月4日午後から、田中神社の例大祭が執り行われました。最初に南市区の惣社神社へお参りし、社頭で記念撮影。此処から傘鉾の奉納巡行が始まります。私は南市区の傘鉾巡行に傘警護の役目で加わって、傘鉾の前を歩いて田中神社へお参りしました。  

 南市区HP:http://kajiyamura.jp/minamiichi-ku/index.html 

18-05-04-1565-5.jpg

 途中で我が家へ立ち寄ってくれ、お祭りに帰っていた佐紀子とゆうなも交えて、全員で記念撮影。

18-05-04-1578-5.jpg

 道中で天気が急変して突風が…。今日は100%雨にはならないと思って雨具は家に置いてきたので、軽トラで伴走していた佐千夫に取りに帰らせました。 

18-05-04-1591-5.jpg

 仁和寺での「ま組」との出会いのあと、横橋では「つ組」と出会い。そのあと、馬場区の佐多神社へお参り。社殿の周りをぐるっと回ります。

18-05-04-1623-5.jpg

 佐多神社から馬場区の会議所経移動中、雨が降って来て慌てました。上手い具合に会議所で傘鉾を杭に括る前に、雨具を掛けられて難を逃れました。

18-05-04-1627-5.jpg

  田中神社石段下で、流鏑馬が弓の手神事を披露。馬の足元が滑らない様に、枠の中は砂場にしてあったのですが、後任の役員が事情も知らず埋めて仕舞いました。

18-05-04-1642-5.jpg

 一の的まで下がって、流鏑馬が扇の手神事。まず、佐多神社の宮守からお神酒を受け、馬の首に掛け次に自身も口に。

18-05-04-1661-5.jpg

 赤飯のお供えを頂いてから、日の丸の扇を使って「扇の手」神事を披露します。終わると扇をたたんで左肩越に投げるのですが、誰でも拾って良いとはいうものの、矢張り乗り手の元へお渡ししています。

18-05-04-1666-5.jpg

 流鏑馬の2度の走馬の後で、「ま組」「つ組」と我々「り組」の傘鉾が参道を通り、神社社頭へ登ります。

18-05-04-1693-5.jpg

 実は流鏑馬の神事を写すのに、参道を何度も上ったり下ったりしたのですが、雨が上がって本当に良かったと思っています。

18-05-04-1695-5.jpg

 神社の境内へ上って、田中神社宮司が祝詞を上げておられる間に、母の結婚衣装で飾りつけをした、南市区の傘鉾の前で記念撮影。

18-05-04-1708-5.jpg

 神社社頭での行事が全て終わると、大幣を先頭に田中神社宮司・巫女・田中神社役員と、我々傘鉾一行・流鏑馬が渡御に向かいます。

18-05-04-1737-5.jpg

 全ての行事が無事終わって南市区会議所へ戻ると、昨日の役員が二人で傘鉾から着物を外してくれました。

18-05-04-1793-5.jpg

 傘鉾巡行でお世話になった役員さん達は、美代が準備してくれた手料理で接待。これで田中祭の全行事が終わりました。

18-05-04-1796-5.jpg

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

 平井 貞夫

Author: 平井 貞夫
 かじや村は鍛冶屋村。私の住む戸数10戸の小字名。
「かじや村便り」は平井農産のホームページに載せていましたが、平成22年5月号からブログへ移行しました。
 青文字の部分をクリックして頂けば、関連するブログやホームページへ移動します。
 
 滋賀県高島市安曇川町田中  平井肥料店/平井農産

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR