FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シートハウス修理

 24日から台風で傷んだシートハウスの間口側を修理し始めました。トラックやフォークリフトで出入りするときに当たって、ドアや支柱が曲がったり破損したりしています。

 古屋の造作といいますが、壊れた物を直すのは新品を組むのより、数倍時間と労力が掛かりますね。どうすれば直せるのか、考え込む時間も…。

18-03-26-2224-5.jpg

 ドアを取り外し古いシートを剥がしてみると、思いの外ひん曲がって仕舞っていて、組み込んであるネジもあちこちで飛んでいました。取り敢えず、切断して仕舞っている部材を何とか繋いで1本にしないと。

 安原エンジンサービスの賢君に相談しましたが、亜鉛引き鉄板は溶接が難しいとの事。裏金を入れリベットでとめて補強し、何とかこの状態で使う積もりなんですが。

18-03-25-2211-5.jpg

 昨年の台風で吹っ飛んだシートを苗代予定地に広げ、良い所取りで切り取ってシートを張り付けています。

18-04-02-2391-5.jpg

 20年程前に作ってから、間口やドアは全く修理してなかったので、長年の間に出入りの折に当たって、あちこちが歪んでいます。

18-03-31-2333-5.jpg

 ドアを取り付けてみましたが、矢張り全体を直さないと様になりませんね。

18-04-02-2375-5.jpg

 ドアレールは、かなりグチャグチャになっていたので新調したのですが、ビニペットは出来るだけ古いのも使いたいので、取り外してまずは真っ直ぐに叩き直し、使えない部分は新しい部材を継ぎ足して補修。

18-04-03-2397-5.jpg

 このままシート無しでは雨が降ったら大変ですが、幸いここ10日程は全く降らなかったので助かりました。

18-04-03-2398-5.jpg

 必要な部分を切り取って、残った古いシートは畑の空地へ引っ張って行きました。こうしてみるとまだ使えそうに見えますが、実は硬化していて殆どが無理なのです。

18-04-04-2419-5.jpg

 良い所取りをして切り取ったシートで、間口を埋めていったのですが。ユニバーサルジョイントやパイプジョイントなど不足する部材も多く、太田種苗から配達して貰いました。

18-04-05-2436-5.jpg

 5日夕方、何とか此処まで組み上げたので、明日から春の嵐になるとの予報にもこれで一安心です。

18-04-05-2447-5.jpg

 強力なハウスパッカーで妻面と屋根の境目を止め、別の緩めのパッカーのばねを抜いて軟らかくして、ドア周りを止めました。11日、破風の上に空気抜きを作ってほぼ完成。

18-04-12-2543-5.jpg

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

 平井 貞夫

Author: 平井 貞夫
 かじや村は鍛冶屋村。私の住む戸数10戸の小字名。
「かじや村便り」は平井農産のホームページに載せていましたが、平成22年5月号からブログへ移行しました。
 青文字の部分をクリックして頂けば、関連するブログやホームページへ移動します。
 
 滋賀県高島市安曇川町田中  平井肥料店/平井農産

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。