FC2ブログ

県体・クロカン

第73回滋賀県民体育大会スキー競技会・クロスカントリー競技の部が箱館山スキー場で開かれ、高島市選手団の監督として参加。8時にゴンドラが動くのを待ってゲレンデへ上がりました。

21-01-17-080455-540.jpg

ゴンドラから見ても、下界の三谷地区は殆ど雪は無いですね。

21-01-17-081642-540.jpg

コロナの対策で大会前2週間の体調管理表の提出が求められ、当然ですが当日の検温も実施。しかも開会式などは無し。

競技は10時開始。年齢の高い方のグループから出走するので、第一走者は木村ドクター。

21-01-17-7071-540 - コピー

大学生が出走すると全選手の出走が終ります。

21-01-17-7084-540 - コピー

山スキーで登る準備をしている一般人がコースの直ぐ脇で準備をしていて、大会役員が選手が来るからと言っても退こうとしなかったとか。何処にでもこんな輩が居るんですね。

21-01-17-7085-540 - コピー

会場奥の急坂では、何人もの選手が団子状態になります。

21-01-17-7086-540 - コピー

歩くスキーの講習会も会場で開かれていました。

21-01-17-7094-540 - コピー

木村ドクターに表彰状を持ってもらって記念撮影。写真は毎年メールに添付して送っています。

21-01-17-7125-540 - コピー

大会が終わって引き上げる昼になっても、ゲレンデはこんな程度のお客さんでガラガラでした。

21-01-17-120911-540.jpg

ゴンドラはコロナ対策で上部の窓は少し開いていて、結構寒かったですね。

21-01-17-122027-540.jpg

リフトの修理-1

春先からフォークリフトの調子が悪く、ブレーキフルードが抜けるのは兎も角、一日中使っていると度々オーバーヒート。肥料の配達が一段落し、田植えも終わってリフトを使うことが少なくなるのを待って、 YES (安原エンジンサービス) に修理を依頼。

しかし YES の本業はモーターボートなので、夏場は繁忙期。ようやく9月になって修理に取り掛かるべく、留守の間の2日に3 トンリフトで積んで帰ってくれていました。

20-09-02-348586-540.jpg

9月8日、急にリフトが無くなると仕事が出来ないので、無理を言って暫く前川鉄工のリフトを借り受け。

20-09-08-085550-540.jpg

9月11日、我が家のリフトを修理するときの代車に頼んでおいた YES のリフトが、整備が済んで何とか使えるようになったので借り受け、前川鉄工のリフトは返還。YES のリフトは我が家のと同型機なのであまり違和感は有りません。

20-09-11-152833-540.jpg

12月になってようやく我が家のリフトの修理が本格的に始まりました。

20-12-21-110001-540.jpg

エンジンブロックを開けて穴の開いたガスケットを交換。

20-12-21-113310-540.jpg

1月16日、一応エンジン関係は直ったとの事で、2~3時間乗ったらエンジンオイルを交換するという条件付きで戻って来ました。

21-01-16-151001-540.jpg

惣社神社でどんど

10日は南市の惣社神社で「どんど」。 昨日の準備では点火は7時前頃かなという話だったので、10分前に行くととっくに「どんど」の火は燃え盛っていました。

21-01-10-6968-540.jpg

薪に準備した神社裏の竹や雑木などを、福井工務店の孝明君が用意してくれた端材と共に、時計と火の燃え盛り具合を見ながらくべてゆきます。

21-01-10-6985-1-540.jpg

コロナの事もあって、接待は無し。例年なら我が家で準備して善哉を皆さんに食べて貰うのですが、今年は自粛しています。

21-01-10-7007-1-540.jpg

頃合いを見て、持参した古いお札さんも火にくべました。

21-01-10-7010-1-540.jpg

何人かの子供さんが書初めの書き損じ?を持って来られ、役員が竹に挟んでから火の上にかざして貰うと、何枚かはかなり舞い上がってくれました。

21-01-10-7019-1-540.jpg

11時前に、もう良いだろうと消火作業を開始。

21-01-10-7035-1-540.jpg

熾火を拡げていくのですが、熱くてなかなか近寄れません。

21-01-10-7044-1-540.jpg

南市区会議所の自家水道ポンプから、ホースを引いて水を掛けています。

21-01-10-7049-1-540.jpg

惣社神社の手水舎でバケツに水を汲んで、運んで掛けてもいるのですが結構時間が掛かりました。

21-01-10-7053-1-540.jpg

どんどの準備

9日午後1時から惣社神社で「どんど」の準備。最初、年末に作った門松や注連縄を外し、明日の「どんど」で燃やせるように纏めておきます。

21-01-09-130125-1-540.jpg

「どんど」はまず、福井工務店の孝明君が準備してくれた端材を井桁に組みます。

21-01-09-132707-1-540.jpg

中に杉の枯れ葉など火の点きやすい物を詰めておきます。

21-01-09-133315-1-540.jpg

真ん中に門松に使った松の枝を一本刺して、周りを竹などで囲っていきます。

21-01-09-133628-1-540.jpg

神社裏の竹藪の竹は折に触れて切り倒してあるのですが、適当な長さに切っておいて「どんど」で燃やす予定。

21-01-09-134417-1-540.jpg

竹が爆ぜ無い様に掛ケ矢で叩いて割っておきます。

21-01-09-134400-1-540.jpg

雪の心配は無さそうですが、この後シートでくるんでおく予定。

21-01-09-134737-1-540.jpg

排雪板の改良

12月になっても暖かい日が続いていたのですが、流石に16日になるとうっすらとですが初雪になりました。朝からバックホーを除雪仕様に組み替えて準備。17日に試運転。

20-12-17-095104-540.jpg

そのままでも使えないことは無いのですが、やはり本格的な大雪になる前に、もっと左側に雪が流れ易くなるように排雪板を改良しておこうと、前川鉄工の幸三郎君に依頼。工場で排雪板を外して預けて帰りました。

20-12-18-150424-540.jpg

一週間経っても10日経っても音沙汰は無く、時々見に行っても全く手が付けられて無かったので、ちょっと心配。

20-12-25-120457-540.jpg

29日にバックホーを工場の中へ入れてほしいと言われ、シャッターを上げて作業場へ。しびれを切らして30日に見に行くと少し作業が始まっていました。

「今晩から大雪になるらしいで」と言ったら、「ホンマに降るんかいな」と言い返されたほどの上天気。「明日の今頃までには何とかしてや」と言って帰ったのですが。

20-12-29-171426-540.jpg

案の定30日夕方から降りだした雪は、大晦日の朝には屋根で30cmほど。まだ暗い内から市の除雪車が走り、8時過ぎには区の除雪機を運転してYES の賢君が来てくれたのに、こっちは何もできず焦りました。

20-12-31-083051-540.jpg

3時過ぎにそっと見に行くと、それでも約束通りに殆ど出来上がっていて、最後の小さな部品を溶接するだけになっていました。

20-12-31-150738-540.jpg

溶接部分を補強するため小さな部品を取り付けるのに、サンダーで削ってその上に溶接して取り付けて完了。、

20-12-31-152139-540.jpg

前の排雪板よりかなり重かったので、二人で運んで取付完了。ネジ穴が全く狂い無くあけられていて、一発でボルトを4本入れて締め付けられたのは、流石にプロの仕事と感心しました。まあ、彼にしたら当たり前なんでしょうが。

20-12-31-153354-540.jpg

早速試運転を兼ねて南市の大通りで、留守宅で誰も除雪しない安原さんの家の前を除雪。

20-12-31-160854-540.jpg

次に気になっていた真光寺の駐車場へ行くと、既に除雪されていました。轍と雪の退け具合から見て弘幸君のトラクターかと思ったのですが、YES の賢君にもお寺から要請があって、除雪したとか。

20-12-31-161959-540.jpg

排雪板は主として歩道で、雪を左へ押し退けて仕舞う様に改良を繰り返しているので、駐車場の様に広い所は苦手なんですが、排雪板で押して左へ逃げようとする雪を、バケットで押さえながら前進すると上手くいくことを発見。

駐車場が済んでから家まで乗って帰り、家の周りを済ませてから中学校からこども園、更に駅の方までの人家の少ない道路際の歩道を除雪。家に帰ったら6時半を回っていました。

20-12-31-161942-540.jpg

道路は市のドーザーが除雪するのですが、肝心の歩道は誰も除雪しないうえ、そのドーザーが雪を歩道に積み上げたりするので、歩道が歩けないため車道を歩いて事故にあい、亡くなった方も遠縁に居られるのです。

年が明けて2日、いいお天気なので一旦排雪版を取り外し、昨日手持ちの亜鉛スプレーで錆止めしてあった上から、更にグレーのスプレーで塗装。

21-01-02-110226-540.jpg

改めてバケットの排土板に取り付けました。排土板は全幅100㎝。排雪版は左側がかなり前に出ていますが、最初は20㎝だったのをⅡ型で更に15㎝だし、今回のⅢ型で20㎝出したので現在は55㎝前に出ています。

21-01-02-121829-540.jpg

2日午後から我が家の傍の道路で除雪。お正月に田中神社へお詣りに行くとき、除雪された道路幅が狭くて車の行き違いに難儀したので、下ノ城までの道路と南市迄の道路を拡幅除雪。これでもう大丈夫です。

21-01-02-142142-540.jpg

増設したヘッドライトは風防の内側に取り付けてあったのですが、大晦日に使ってみたところかなり反射があって外が見難くかったので、正月明けに風防の外側に出してみました。

21-01-08-105352-540.jpg


プロフィール

 平井 貞夫

Author: 平井 貞夫
 かじや村は鍛冶屋村。私の住む戸数10戸の小字名。
「かじや村便り」は平井農産のホームページに載せていましたが、平成22年5月号からブログへ移行しました。
 青文字の部分をクリックして頂けば、関連するブログやホームページへ移動します。
 
 滋賀県高島市安曇川町田中  平井肥料店/平井農産

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR