FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都案内

  派米農業研修同期の高橋君が研修生の折りにt配属になった農場主の、息子さんと娘さん(2人とも定年退職しておられる年齢です)がツアーで来日。ツアーは日曜日に京都を観光して解散するので、月曜日に改めて京都を案内して欲しいと頼まれました。

  日曜日に電車で京都へ行き、ホテル日航プリンセス京都で合流。夕食を迷ったのですが、日本料理が気に入っているとの事でホテルの中の日本料理店へ。しかし頼んだお寿司がイマイチ。何でこの値段でこの味?と、こちらの味覚を疑いました。高橋君も同じ感想だったようで余計に…?

  今日はレンタカーで京都を案内したのですが、ハイブリッド車は低速では殆どエンジン音がしないので、人混みの中を走るのは気を使いますね。清水寺へ行ったのですが、月曜日なのにもの凄い人出。しかも中国からの観光客が大勢おられ、若いカップルが着物姿で歩いているのを何組も見掛けました。日本人は殆ど着物を着ないのに…と変な気分。 

  下の写真はお節介な日本人観光客が、三人を並べてシャッターを切ってくれたのを私が横から撮った写真。 実は此処は狭くて混雑するので、写真撮影禁止になっている場所なんです。

 清水産の舞台をバックに

  昼食には、創業が室町時代の1465年まで遡るという蕎麦の老舗の尾張屋さんへ。尾張屋さんの当主は16代目ですが、14代目の宗伝さんは京都府スキー連盟の監事をしておられた関係で、会議では勿論国体にも何度かご一緒しました。私も既に引退してしばらくお会いしていなかったのですが、お聞きすると5年前に他界されていました。

  毎日蕎麦を食べるとおっしゃっていましたが、私よりかなり年上だったので知らなかったとはいえ、お会いできず残念でした。30年ほど前、大山での国体予選で大会役員の間で蕎麦談義が始まったおりに、木曽福島の車屋の蕎麦が旨いとおっしゃった事を懐かしく思い出しています。

  ティムもペギィも日本料理が気に入ったそうで、結構上手に箸を使って食事をしていました。蕎麦だけは音を立ててすすった方が、蕎麦の香りが立って余計に美味しいからと教えたのですが、流石にこれはアメリカ人には無理。実に静かに、全く音を立てずに食べていました。

昼食は 「尾張屋」 さんで蕎麦

  午後はドライブウエイを登って比叡山 ・ 延暦寺へ。清水寺とは違ってあまり観光客はいず、静かにあちこちを案内できたのは幸いでした。鐘楼で鐘を搗いたり根本中堂を参拝したりしたのですが、2人ともとても気に入ったそうで、案内した甲斐がありました。

  夕食には回転寿司の「長次郎」へ。少し早めに行ったので店はすいていて、コンベアーに載って回ってくるシステムもアメリカ人には楽しかった様ですが、我々には昨夜のホテルの寿司より格段に美味しかったのが、値段を考えると非常に不思議でした。ともあれ楽しんで食べて貰って、回転寿司は大成功でした。

回転寿司 「長次郎」 は美味しかった
スポンサーサイト

弟の引越

  大阪の天王寺にいる弟が引越するので、ずっと手伝いに行っています。6日は電車で行き桃谷で下車。天王寺区役所・不動産屋さん・マンションの間を何度も往復してきました。

  マンションの契約や区役所への転居届・健康保険証の切り替えまで代理で完了。結構な距離を歩き回りました。舗装道路は路面が固くてショクが大きく、余り健康的では無いですね。

  8日には連れの電気屋さんを頼んで、住んでいたマンションから3台と転居する方から1台のエアコンを撤去。冷蔵庫も入れ替えたので、4台の内で使わないエアコン3台と古い冷蔵庫などをトラックで持って帰り、次の日も要らない荷物の整理と撤去にトラックで大阪行き。

アベノハルカス

  引越の10日はかなり酷く雨が降ったので、佐千夫の軽バンを借りて行きました。結構要らない荷物があったので軽バンに積み込みましたが、段ボール箱に入って部屋に積み上げたままだと足の踏み場もないので、深夜遅くまで荷物を整理してそのままソファで寝袋に潜り込んで仮眠。

  マンションは四天王寺さんの南門前なので、雨さえ降っていなかったら絶好の散歩コースになるのですが。今年は中国など外国からの観光客も、これまでより確実に増えていますね。

四天王寺さん

  14日に連れの電気屋さんと、今度は転居先のマンションへエアコンの設置に行き、今日15日は洗濯機を部屋の中でつかえるよう、ドアパネルの下に穴を開けて配管してきました。

  夕方には綺麗に晴れて、四天王寺さんも空に映えて見事だったのですが、カメラを持って行って無くてケータイで撮ったので、あまり良い写真にはなりませんでした。

四天王寺さん

伊勢の太神楽

  春の訪れを告げる行事は色々ありますが、伊勢の太神楽一行が来られるのもその一つ。毎年3月下旬になると、今若宗太夫さん一行の来訪を告げるハガキの案内状が届きます。

今若宗太夫さんから案内状が来ます

  昨年、見たこともない顔ぶれで今若宗太夫と名乗る太神楽が、事前の連絡無しに現れました。何時もハガキの案内状が来るがと問いただしたのですが、今若の親父は死んだの一点張り。

  むげに断る事も出来ず、勿論突然来られても準備が出来ていなくて、急いでお米の2kgパックを取ってきて渡しました。獅子舞はごく普通だったのですが、後日ニセ者と分かりました。

  しばらくすると例年通り今若宗太夫さんからハガキが来たのですが、その日になってあちこちでニセ者が先回りしたと聞かれたらしく、ご挨拶だけで何もされずに帰って仕舞われました。

  性懲りもなく今年もニセ者が先回りして現れたので、大急ぎでカメラを出して撮影しました。本物なら全員並んで写真を撮るのですが、そそくさと帰って行ったのでこんな写真しか有りません。それでも何かの役に立てばと思って、本物の今若宗太夫さんにお送りしておきました。

こちらはニセの太神楽

  ニセ者が置いて行った左側の二枚の御札さんを見ると、伊勢神楽教社とも神道教師とも書いてありません。詐称と言われない様に証拠を残さない積もりなのでしょうね。

  とはいえ、印判にはちゃんと神道教師とあります。まあ、他に書きようが無かったのか、それともバレ無いとでも思ったのでしょうか。だったらナメてますね。

  よく見ると殆どの文字がピッタリ合って明らかにコピーしたと思われるのに、太夫の太の字だけがほんの少し違っています。しかもニセの御札さんの方が一回り大きいのも可笑しいですね。

左はニセ今若で右が本物です

  予定通り昨日の午後、本物の今若宗太夫さん一行が来られました。朝から準備して、何時来られても良いように配達にも出ないで待機。3軒向こうの家を出た所で、私が門口に立って居るのに気付かれ、宗太夫さんは白い帽子を取って会釈しておられました。

  今年は獅子舞の尾持ちがおられ、1人多い5人で来て頂いたので賑やかでした。毎年のようにお米の2kg真空パックと心付けを準備しておいて、先にお渡しします。

  中身を確認してから太神楽の舞の長さを変えられます。勿論楽曲の音も変わるので、金額が少ないとほんの少しだけピッピッと笛が鳴ってお仕舞いになるようです。

15-04-02-4783-1.jpg

  他の方は毎年来られる顔ぶれです。昨年は何もせずに帰られたので写真は有りませんが、一昨年は美代と一緒に並んで貰って記念撮影をし、今若宗太夫さん宛にお送りしてあります。

15-04-02-4784-1.jpg

  今年は私だけしか居なかったので、写真は太神楽一行の5人だけ。今若宗太夫さんは左から2人目ですが、何時もこんな風に横向きで下向き加減。写真を撮られるのが苦手なんでしょうか。

終わってから並んで貰って記念撮影
プロフィール

 平井 貞夫

Author: 平井 貞夫
 かじや村は鍛冶屋村。私の住む戸数10戸の小字名。
「かじや村便り」は平井農産のホームページに載せていましたが、平成22年5月号からブログへ移行しました。
 青文字の部分をクリックして頂けば、関連するブログやホームページへ移動します。
 
 滋賀県高島市安曇川町田中  平井肥料店/平井農産

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。