FC2ブログ

今日も代掻き

  美代の育てている朝顔は10日前には双葉だったのに、日に日に大きくなっています。その成長の早さには驚かされますね。この調子なら花が咲き出すのもそう遠くないものと思われます。

朝顔が急成長しています

  午後から3枚の田の代掻きをしました。写真の奥には我が家が写っているのですが、どの田も比較的近いのでその点では楽。しかし、移動の度に洗車しなければ動けないのは、面倒ですね。

  この田は特に水利が良いので楽々です。勿論昨日から水加減をしていたのですが、最後の調整は今朝になってから。それでも代掻きを始める頃には、上加減になっていました。

この田は水利が抜群に良いのです

  今年は代掻きをしていても白鷺が来ることが無くて、不思議な気がしていました。今日は珍しくシラサギとアオサギが来て、最初に来た2羽のシラサギの内の小さい方は、もしかしてまだ子ども?かなと思ったほど小柄で、大きな蛙を捕まえたのですがしばらく持て余していました。

大きな蛙を捕まえて持て余しています

  段々と鷺が集まって来て、最後には10羽ほどになりました。この田の代掻きが終わったら、次の田へ飛んで来るかと思ったのですが、1羽も来なくて拍子抜けしました。

  代わりにツバメが10数羽飛んでいました。試しに何度かシャッターを切ったのですが、動きが速いのと姿が小さいので、此処に載せられる様な写真にはなりませんでした。

珍しく鷺がたくさん来ました

大水の田植え

  昨日午後から夜にかけての雨で、今日田植え予定の田は大水。排水路にも水が溢れていて、朝早く水を抜きに行ったのですが全く効果なし。田植機のマーカーも役に立ちませんでした。

  何とか目見当で植えたのですが、出掛けに準備した40枚の苗で大小2枚で2反の田に植えて、最後に佐千夫がポンプを取りに帰った折りに追加したのは1枚。いい山勘でしょう。

  実際には2枚持って来て貰って苗をカッターナイフで切り分け、少しずつ5ヶ所の苗置き台に追加。結局最後は1枚分くらいの苗が残りました。今年はこんなペースで少し細めに植えています。

何とか植え終わりました

  この田は農道が狭く水路の側まで田植機が行けないので、ポンプを持って行ってホースを繋いで洗車しています。勿論代掻きの時も同じ方法で、トラクターを洗って帰りました。

水路から遠いのでホースを繋いでいます

  午後から家の近くで代掻きをしたのですが、地主さんの家の側。我が家の農機倉庫まで50m程なのですが、出来るだけ道路を汚さないよう、まず前輪を道路に乗り上げて綺麗に洗います。

まずは前輪を洗います

  次にトラクターを道路に上げ、ドライブハローやトラクターの後輪を洗い、トラクターを倉庫へ入れた後では道路を水洗いします。市街地農業はこの手間が大変です。

  洗車するのが面倒というのではなく道路が狭いので、車が来るとバックして貰うより方法が無いのが申し訳ないのです。今日は郵便局の集配車にUターンして貰いました。

他所の家の玄関先なので大変です

雨中の田植え

  天気予報では今日は午後3時頃から雨という事だったのですが、苗を取り始めた頃から既に降り出して、今日は一日中カッパを着ての田植えになりました。

  最初に神明講の田にヒノヒカリを植え、続いて圃場整備田2枚に山田錦を植える予定だったのですが、山田錦は苗ラックに準備した84枚の苗で、大きい方の3反2畝を植え終わりました。

何とか植わったのですが

  少し残った苗で小さい方の2反3畝の田にも植え、1往復した所で昼になりました。予定より1週間ほど遅れたので苗が異常に長く伸びていて、上手く植えられなくてグチャグチャです。

此処で昼になりました

  切れたアクセルワイヤーを交換して貰ったのですが、手動アクセルを一杯引いても全くエンジン回転が上がらず、最大に踏み込んでもスロー調整をして貰った時の回転程度でした。

  田植えを中断して直す程でも無いので、そのまま作業を終了。帰ってから改めて田植機を開け、アクセルワイヤーを調節してエンジン回転が上がる様に直しました。これで大丈夫でしょう。

アクセルワイヤーを調節

アクセルワイヤーを調節しました

田植え準備

  我が家はまだ田植えの真っ最中ですが、周りの農家は草刈りの最中。水路沿いの田の畦を刈ると、どうしても水路に草が流れ込みます。その草が我が家の側まで流れてきますので、柵をして此処で取り上げる事にしています。これはもう、夏の間は毎日の日課になります。

草刈りの草が流れてきます

  今年初めてお預かりした田は2反3畝ですが、5枚有ったのを2枚に圃場整備したものの水管理などがよく分からず、少しコナギが生えてきました。対策として中期除草剤を散布。

コナギが生えてきました

  減反を表示するカードが配られて来ました。早速農機具の倉庫横に括り付けました。隣の、まだ稲が植わって無い田が減反なのでは無く、この倉庫の敷地が減反の対象になります。

減反の旗が届きました

  今日は佐千夫が穂肥の配達をしてくれたので、その倉庫に使わなくて済んだヤンマー田植機を仕舞うため、改めて全部の農機を一旦外に出して入れ替えました。

田植機を倉庫に仕舞いました

  アクセルワイヤーが切れた田植機は、新しい部品が来たといって昼食後修理に来てくれました。田植機は使う度に洗車していると言っても、内部には結構泥がくっついていました。

  なかなか普段は中までは開けて見ないので、折角だからこの際エンジンオイルも交換しました。これで安心して明日から田植えが出来ます。   

アクセルワイヤー修理完了

整備田を代掻き

  昨日荒代掻きをしておいた圃場整備田2枚を仕上げました。此処が圃場整備されたのは昭和58年だったかと思うのですが、以来ずっとお預かりしています。3枚で8反7畝あります。

トラクターは昨日から置きっぱなし

  当初は非常に高低差が酷く、田植えが済んでから何枚も畦シートを入れないと水が載らなかったのですが、今でもその名残で水口側の高いところから水戸尻へ、毎年泥を運んでいます。

  ドライブハローの回転を止めそのまま引くと、おそらく軽トラ1台分くらいの泥が動いているかと思います。秋に土を動かすより遙かに効率的だと思うのですが。

こうやって泥を引っ張ります

  水口側は今でもかなり高いのですが、ある程度の高低差が無いと水が流れないので、この辺りが難しいところ。今日は2反3畝のこの田で3時間掛かりました。

直し始めると何しろ切りがないのです

  夕方時間があったので、「環境こだわり農産物栽培圃場」の看板を立てて回りました。昨日植えたばかりのこの田は勿論ですが、実はまだ植わって無い田にも看板だけは立てています。

環境こだわり農産物生産圃場の看板です
プロフィール

 平井 貞夫

Author: 平井 貞夫
 かじや村は鍛冶屋村。私の住む戸数10戸の小字名。
「かじや村便り」は平井農産のホームページに載せていましたが、平成22年5月号からブログへ移行しました。
 青文字の部分をクリックして頂けば、関連するブログやホームページへ移動します。
 
 滋賀県高島市安曇川町田中  平井肥料店/平井農産

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR