FC2ブログ

加工米の収穫

  秋晴れは今日・明日だけ。日曜日から急激に寒くなって、北の方は大荒れとの予報。朝から近くの水捌けの悪い圃場へ籾殻を撒きに行きましたが、肝心の川沿いは水浸しで入れず仕舞い。

  佐千夫は乾燥の済んだ「にこまる」を籾摺り。7月8日に植え、少しイモチ病に罹った気配もあったのですが、収量は7俵半弱と超遅植えの割にはまずまず。食べるのを楽しみにしています。

摺り糠はこんな風にして散布しています

  加工米の「にこまる」が今年最後の稲刈りになるのですが、幸いそれ程遠くない圃場なのでコンバインに乗って行き、籾摺りの済んだ佐千夫がリフトとトラックを持って来てくれました。

イモチは周辺部が特に酷かったのですが

  残念ながらこの2枚の圃場は酷いイモチ病に罹っています。台風18号で天気が荒れた頃に罹病したらしく、48年百姓をしていて初めて農業共済に被害届を出しました。刈り取りをしていて、坪刈りの跡を5ヶ所?ほど見付けましたが、果たして共済の見立てではどの位の収量でしょうか。

  我が家で刈り取った時の最終的な籾嵩は、2反歩併せてもせいぜい10俵というところ。実際にはイリコが多いと思われますので、玄米収量は4~5俵もあれば上々かと思っています。

農業共済の坪刈りの跡が5カ所ほど有りました

  隣の田では、この辺りの名物「万木かぶら」が大きくなっていました。「万木かぶら」はネコブ病に弱く、産地は段々と名前の元になった集落:西万木から川上の方に移動しています。

  ネコブの原因になるネコブセンチュウは水に乗って移動するので、病気の発症した圃場より川下の圃場では、かぶらは作れなくなるのです。農薬もあるのですが値段が高く、しかもかぶらが堅くなって仕舞って美味しいかぶらの漬け物が出来無くなるので、圃場が移動するのですが。

万木かぶらが大きくなってきました

最後の稲刈り

  まだ2反歩残っている加工米は別にして、昼前に「にこまる」を刈り取って、今年の稲刈りは今日で一応の終わりになりました。9月12日から始めたので2ヶ月弱の長丁場でした。

  「にこまる」は昨年も10月27日に刈り取ったのですが、夏場の高温に強いというので2年前から作っています。お米は透明感があって非常に美味しく、作りやすい品種なのです。

超遅植えの割にはかなり出来が良かったですね

  この田は土地改良区の幹線水路の側にあって極めて水利が良く、何時でも何時まででも自由に水を入れられるため、晩生品種を作るのには持って来いの田。今年は「にこまる」にしました。

  昨日下見に行って、水口部分の掘れた所に水が溜まっているのを見付けちょっと慌てましたが、元々ぬかるむ田では無いので、刈り取りに支障の出るほどでは有りませんでした。

水口だけは水が溜まっていてビックリ

  初めて作った2年前にも、イナコウジが大発生して驚きましたが、今年も幾つか見つけました。この辺りでは、稲が良く出来て豊作になると発生すると言われていますが、イネの穂ばらみ期から出穂期の低温・多雨状態の時に発生が多くなるとの事で、豊作とは関係無いようです。

  この田も他の田と同様に少し刈り遅れ気味でしたが、刈り取り水分は19%とまずまず。気温が下がって通風乾燥では流石にこの時期は乾かないので、「ゆっくり」モードで火力乾燥中です。

今年初めてのイナコウジです

  稲刈りをしていると、何処かからか数多くのトンビが集まって来ます。コンバインを止めて写真を撮ろうと思って立ち上がると、その気配に気付いてトンビが飛び立って仕舞います。

  そのままコンバインを走らせている時には、かなり近づくまでトンビは飛び立たないので、わずかな気配に敏感に反応する野生の本能には、本当に驚かせられますね。

コンバインの音でトンビが何羽も集まって来ます

稲刈りは今日明日

  昨日の雨が何処まで残っているか心配していましたが、早朝から雲一つ無く素晴らしい秋晴れ。コンバインは山田錦を刈り取ってからそのまま田に置いてあったので、今日は神明講の田。

  2004年に初めてお預かりした時には様子が判らなくて、隣の宅造地から落ちる水が溜まっていてぬかるみ、トラクターや田植機・コンバインが煮え込んで、農作業に難儀しました。

  宅造地の斜面下には側溝が無いので、今年は畦塗りの折りに二重堤防を造ったのですが、これが功を奏して除草剤もよく効いたし、田面も乾いていて稲刈りはスイスイでした。

神明講の田がようやく普通の田になりました

  乾燥機に入れた山田錦はすでに乾いているので、佐千夫がフレコン3個に排出してくれその間に稲刈りをして、大掃除の済んだ乾燥機にもみを張り込みました。

  昼前に隣町の神明講の田からコンバインを戻してあったので、午後は家の直ぐ隣の苗代跡地。実は以前に倒伏させた事も有ったので慎重になりすぎ、今年の出来はあまり良くありませんでした。フレコンで3杯弱しか無かったので、2枚で1反半強の田ですが多分収量は10俵位?

コシヒカリはちょっと刈り遅れ気味

  台風が何度も来て大雨にたたられ、田が乾かないので山田錦を刈り取り出来ず、その後の稲は次々と刈り遅れになって仕舞ったのですが、この田も例外なく少し遅れて仕舞いました。「もう11月やで!」と先日も友人に言われた程で、これで一安心です。刈り取り水分は17%でした。

  ヒコバエというのは普通は稲刈りが済んで、しばらくしてから切株から出てくるのですが、此処はかなり前に生え始めていて既に穂まで出来ていました。こんな事は初めてです。

既にヒコバエが大きくなっていました

お墓参りに長野へ

  2枚目の山田錦も圃場の周辺部分はグチャグチャ。まだ稲の茎は緑色なのに株ごと稲が引き抜けて来て、途中で何度もコンバインが詰まって刈り穫りに難儀しましたが、何とか無事終了。

  割合早くから倒伏していた部分と外周を除けば、一方向だけの刈り穫りを余儀なくされましたが、それ程のノロノロ運転でもなく3時過ぎに終わり、乾燥機に張り込んで通風乾燥にセット。

何とか山田錦を刈り終えてホッとしています

  この日は朝から稲刈り前に、パジェロのオイルとオイルフィルターを交換。郵便局から2件送金。佐千夫に指示してお米を送る手配をし、稲刈りが終わったら7時からスキーの会議とバタバタ。

  何とか上手く予定していた仕事がこなせて、会議終了後の夜9時に長野へお墓参りに出発。関ヶ原インターから名神高速・長野道を経由し、例年通り駒ヶ岳サービスエリアまで走りました。

  此処のサービスエリアは非常に景色が良いので気に入っていたのですが、店内を8月1日にリニューアルしたとか。お気に入りのラーメンや焼きたてのパンが無くなっていたし、何時も買う野沢菜も取り扱い銘柄が変わっていて、私にとっては全く魅力の無いSAになっていました。

毎年仮眠する駒ケ岳サービスエリア

  明くる日の朝は8時半過ぎに出発したのに、長野自動車道は麻績IC~更埴IC間が、8月末から11月一杯まで道路工事で車線規制中。麻績ICの遙か手前からとんでも無い大渋滞で、更埴ICまで走る予定を変更し、麻績ICで下りて四十曲峠を越えて上山田温泉へ。しかし待ち合わせ予定の11時より40分も遅れて仕舞いました。

長野道は道路工事で大渋滞でした

  此処何年か上田市周辺の蕎麦屋さんで、那須町から来る松永君と待ち合わせていたのですが、今年は4年振り?に上山田温泉の「豊年屋」さんで昼食。その後は30年来毎年お邪魔している「二通園」花店さんでお花を買って、再び四十曲峠を通って山を越え筑北村まで走りました。

  お花とお線香をお供えし2人で般若心経を一巻上げ、その後は4時半過ぎまで五郎のお墓の前で、こんな話が五郎に聞こえたら、彼は何と言って混ぜ返すのだろうと思いながら四方山話。日が陰って寒くなって来たので五郎のお宅へお邪魔し、改めて仏前にお参りして帰ってきました。

リモコンでシャッターを切って記念撮影

  5時半前にお暇し、長野道の梓川SAで昼食と同様に天ざる蕎麦を食べたのですが、新蕎麦の掲示とは裏腹に予想通り酷い味。それでも腹が膨れたので、深夜割引を利用するため時間調整もあって1時間ほど走ってから仮眠。深夜2時前に無事帰郷しました。走行距離は747㎞でした。
プロフィール

 平井 貞夫

Author: 平井 貞夫
 かじや村は鍛冶屋村。私の住む戸数10戸の小字名。
「かじや村便り」は平井農産のホームページに載せていましたが、平成22年5月号からブログへ移行しました。
 青文字の部分をクリックして頂けば、関連するブログやホームページへ移動します。
 
 滋賀県高島市安曇川町田中  平井肥料店/平井農産

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR