FC2ブログ

コンバインの整備

  昨日籾摺りを始めると、明らかに石が混入したのとは違う、かなり大きな異音がしました。音がしたのは一瞬でしたが、どうも金属辺の混入?を疑わざるを得ない高い音なので、籾摺りを中断。

  昇降機の下を開いて、溜まっていた米と摺りかけの籾を取りだしてみると、中から出てきたのは幅2㎝長さ4㎝厚さ3㎜程の金属片。何の部品なのか見当も付かないので、クボタへ電話相談。

  部品を持って営業所に行くと、修理をしていた所員は即座に、コンバインの2番口のスロワーの羽と断定。同型の部品も見せてくれたので、合わせてみるとピッタリ。流石の眼力ですね。

スロワーの羽が壊れていました

  コンバインのスロワーをバラしてみると、指摘された通りに羽が一部折れていました。溶接しても良かったのですが本体側に残った方も曲がっていて、これでは無理と部品を注文しました。

  多分、次の稲刈りまでに部品は来ると思うのですが、念のため滋賀羽二重糯専用に使っていた古いコンバインも、整備し始めました。まずはラジエーターキャップを新品と交換。

ラジエーターキャップを新しくしました

  実は7年前に、離農された得意先農家から農機具一式を頂いたのですが、このコンバインは1反歩稲刈りをしただけで次の年にはオーバーヒート。以来ずっと使っていなかったのです。

  これまでもラジエーターを高圧洗浄し、洗浄剤を入れて何度も洗って整備したのですが、やはりダメ。しばらくエンジンを掛けて止めると、ボコボコというオーバーヒート特有の音がします。

  これではどうしようも無いので、思い切ってラジエーターのコアを張り替える予定です。連休を挟むので部品の手配が難しいようで、上手く滋賀羽二重糯の稲刈りに間に合うと良いのですが。

アワーメーターは359hですが

  7年前からコンバインに載っていたバッテリーは当然機能せず、トラクターを繋いでエンジンを始動しました。しかし2時間ほど充電するとエンジンが掛かる程に回復。古いバッテリーですが、バッテリーケースが膨れていなかったのでいけるかなと試したものの、これは驚きでした。

台風対策は空振り

  台風24号は九州西の海上を北上し、進路を西に振って日本海を北西に進みました。当初はもっと沿岸に近い所を通ると予想されていたので、雨はともかく風対策は欠かせませんでした。

  我が家の台風対策で最大の物は、シートハウスの入り口の締め切り。ハウスはドアを締め切っただけでは風が入るので、その前にブルーシートを貼ってガムテープで止めています。

  幸い風も雨も大したことなく過ぎ去りましたが、吹き返しもあるので念のため昨日は昼過ぎまでこんな状態。ハウス上部のガムテープはそのままにして、午後からブルーシートだけ外しました。

台風対策で締め切ったシートハウス

  風が強いと植木鉢などは家の中に入れますが、このトランペットは大きいため移動は大変。避難させるほど風が強くならなくて助かりました。この花はとても良い匂いがするのです。

トランペットが満開になりました

  東京オリンピックの開会式が10月10日でした。この日は11月3日などとともに特異的に晴れるので知られていますが、今日も良い天気。しかし明日は雨だそうです。我が家のコシヒカリはこの苗代跡地を残すだけ。しかしまだ山田錦・滋賀羽二重糯・にこまる等の刈り穫りが残っています。

10月10日は特異的に晴れますね

早くも晩秋の気配

  苗代跡地を除けば我が家では、一番お終いに植えたコシヒカリを収穫しました。超遅植えの宿命みたいなもので仕方有りませんが、収量は決して多くは有りません。それでも黄金色に輝く稲穂に元気づけられ、美味しいお米を穫りたいばかりにこんな作り方をしています。

  滋賀県は、そのど真ん中に琵琶湖があり夏の夜温が下がらないので、高原地帯の様には昼夜の寒暖差が大きくならないため、美味しいお米作りには極めて不利な地域なのです。

  多収穫を狙うのなら普通に5月に植えたら良いのですが、琵琶湖を抱えた近江盆地で7月末に出穂し、猛暑日続きの8月に登熟するお米が美味しいとは思えないのです。少しでも涼しくなる9月になって登熟するよう、わざわざ6月中旬から田植えを始めているのですが。 

周辺の田の稲刈りは殆ど終わっています

  刈り取りを終えてコンバインとトラックを家に返し、最後にフォークリフトに乗って帰ります。リフトの爪の上に立って撮影してみましたが、もう殆どの田で稲刈りを終えていました。

  手前の田は減反で先日まで草が生えていたのですが、今日稲刈りに行ったら綺麗に刈り取られていました。地主さんの元の家が左手前にあり、新しい家の前のにある田も含めて、減反部分の管理は地主さんがして下さるので助かっています。

何となく晩秋の気配ですね

  台風18号による大水で流された刈藁が、畦を越えて道路の上にまで載っていました。この田を作っている同級生に知らせたら直ぐに片付け、こんな風に藁を乾かしていました。ちゃんと乾いたら田に散らして、トラクターで鋤き込むのかなと思っています。

台風で藁が流されて偏りました

南市区民運動会

  昭和51年から始まった南市区の区民運動会は、今年で第38回を迎えました。第1回大会で競技委員長を務めたので、70を越えたらもう良いやろうと思っていたのですが、私の息子世代の若者達で構成している実行委員会から、引き続き今年も審判長を仰せつかりました。

  7時から始まった準備中に小雨が降り出して慌てましたが、まもなく晴れ上がって真夏を思わせるほどの暑い暑い秋晴れになりました。競技の最初の種目はパン食い競争でした。

パン食い競争ですがお菓子の袋がぶら下がっています

  区民運動会では色々な種目を行いますが、A・B・C3ブロックの中で、私の所属するAブロックは綱引きが苦手。しかし今日は一戦目のCブロックには負けたものの、二戦目には正式な綱引きの時の様に、内側の手を前に出して綱を引いて貰ったお陰か、Bブロックに勝って2位になりました。

綱引きで珍しく勝利をおさめました

  逆にAブロックは伝統的にリレーでは圧倒的に強かったのに、最近ではなかなか勝てなくなりました。少子高齢化の影響もあって、子供のリレー選手を選ぶ事が出来なくなり、リレー種目自体も種類が少なくなって、最近では最後の一発逆転15人リレーだけを行っています。

  年齢別の男女混成チームですが、私は50歳以上の部の選手でこの20年間走り続けています。流石にここ1~2年はまともに走れなくなりましたが、今年も何とか無事完走しました。

転けずにバトンを渡せて良かったです

切替スイッチ設置

  乾燥機の都合で一昨日刈り残した上下2枚で3反の内、下の田のコシヒカリを刈り取りました。外から見ていても明らかに穂の色が悪く、穂首イモチに罹っているのは歴然としていました。

  上の田のコシヒカリは非常に綺麗だったので、ちょっと残念な気もしますが、下の田の西側には工場があり、風が通らないのも一因かと思っています。仕方ないですね。

穂首イモチがかなり見受けられます
 
  乾燥機は大小2台有るのですが、小さい方は先日ベアリングを交換して修理完了。しかし大きい方も調子が悪く、籾の張り込みにとんでも無く時間が掛かって仕舞います。
 
  不具合は、籾を張り込む時先に入った籾が循環するため、籾を送る下部螺旋に過重な負荷が掛かって昇降機が止まる事でした。正常に動く小さい方の乾燥機と同時に「張込」や「乾燥」モードで動かしてみて、大きい方は本来「張込」にセットすれば回らないはずのモーターが、「乾燥」や「排出」に設定した時と同様に回転し、既に張り込んである籾を循環させるからと分かりました。

  原因は多分コンピューターの不具合かと思うのですが、故障で回らないモーターを修理するのは大変でも、回ってはいけないモーターを回らない様にするのは、それ程難しい事では有りません。このモーターへの配線を途中で切って、中間に切り替えスイッチを取り付けました。

切り替えスイッチを設置しました

  稲刈りを終え、籾を乾燥機に入れる「張込」の時には右下のスイッチを切り、「乾燥」や「排出」の時にはこのスイッチを入れると、乾燥機は正常に運転出来る様になりました。

  以前は上から籾が落ちてきて、下部螺旋の左側にも一杯籾が有ったため、右上方から張り込んでいる籾と一緒になって無理をしていました。しかも昇降機と上部螺旋を回しているVベルトは2本共緩んでいたので、テンションも張り直しました。これで今年もこの乾燥機が使えそうです。

籾は順調に張り込める様になりました

天高く秋晴れ

  抜けるような秋晴れに恵まれ、快調に稲刈りをしています。今日は我が家から200m程の所にあって、上下2枚で3反の田。例によって最初の外周2~3回は私が刈って、後は佐千夫に。

  四辺を何時までも刈り進むと言う農家も有りますが、中割をして幾つかのブロックに分けて刈るのが我が家流。特に長方形の田の場合にはこの方が効率が良いように思います。

  コンバインがそれ程新しくは無いので、最新型のように自由自在に刈り取る全面刈りと言う訳ではなく、縦に植えた田を横に刈るのはどうも上手く行かないのもその理由です。

今日は2ブロックに分けて稲刈り

  コンバインの音を聞きつけてトンビが集まって来ました。高い空を舞いながら時々急降下。蛙などの小動物を目ざとく見付けてくわえて舞い上がります。今日は8羽も来ていました。

  コンバインは、株間センサーのお陰で稲株を踏まずに自動で刈り取るので、佐千夫も流石に気になったらしく、稲刈りの手を休ませることもなくスマホで何枚も写真を撮っていました。

稲刈りの音に誘われてトンビが集まって来ました

  農道が狭くトラックを横付けしてフレコンを積むわけにはいかないので、家が近い事もあり刈り取った籾は直接フォークリフトで家まで搬送。しかし残念な事に大きい方の乾燥機が不調で、取り敢えず刈り取り出来たのは小さい方の乾燥機に入る、1反半分だけでした。

  搬送に使っているフレコンが段々と古くなって、吊り手のロープがかなり擦り切れて来ました。コンバインから引き出す時に無理をして、あちこちに引っかかり袋も破れています。

  来年は新調しないと無理かなと思っていますが、リフトの爪が角張っているのも原因かと思い、サンダーで面を取りました。もう少し丸みを付け、負荷を掛けないようにする積もりです。小さな事の様ですが、長年使い続ける道具類にはその位の気遣いが必要なのです。

フレコンで籾を搬送しています

  農業研修に行っていたアメリカの農場で、トラックに乗ってシートに座るとき、「座席のシートを擦らないよう、尻を持ち上げて内側の席に移動しろ」と農場主に言われた仲間がいました。

  普通に使い続けると自動車のシートは、運転席の乗り口に近い方が傷んできます。年を食って今になってやっと、その農場主の言われた意味が理解できる様になりました。

ワゴンが転倒

  籾摺りをすると摺り糠(籾殻)が大量に出ますが、その摺り糠は秋野菜を作る時には欠かせない資材。ネギやタマネギを植える畝に撒いて焼くのが定番ですが、農家であっても自分の家で籾摺りをしない家には摺り糠は無いので、頼まれて我が家から運んで田の中に空けます。

お得意先農家に頼まれて摺り糠を散布

  我が家では摺り糠を水捌けの悪い田の水口部分を中心に散布して、大きな改良効果を上げています。今回は一番先に稲刈りして、いきなりコンバインが煮え込んだ田の水口周辺。

  これだけ晴天が続いていたのに何故か未だに水が溜まっていて、上手く水口部分にワゴン後部の排出口を持って行けず、トラクターをバックさせていた時、いきなり転倒して仕舞いました。

ワゴン転倒し腹を見せています

  ワゴンの牽引桿を見るとトラクターとの接続部がねじ曲がり、普通にバックしていたので格別大きな力が掛かったとも思えないのですが、溶接した部分が剥がれていました。

  幸い佐千夫は先に下ろした摺り糠をレーキで広げていて、ワゴンの側には居なかったので無事でしたが、一瞬の出来事だったのでヒヤリとしました。この後は別のトラクターで引き起こし、随分前に作って古くなっていた溶接部分はやり直し、万全を期しています。

別のトラクターで引き起こしました
プロフィール

 平井 貞夫

Author: 平井 貞夫
 かじや村は鍛冶屋村。私の住む戸数10戸の小字名。
「かじや村便り」は平井農産のホームページに載せていましたが、平成22年5月号からブログへ移行しました。
 青文字の部分をクリックして頂けば、関連するブログやホームページへ移動します。
 
 滋賀県高島市安曇川町田中  平井肥料店/平井農産

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR