FC2ブログ

コシヒカリの出穂

  大峰山参拝が無事に済んであちこちの田を一回りし、2枚で2反強の田には調節肥を入れました。ぼちぼち穂肥を入れる時期に来ている田もあるのですが、何となく様子がおかしい。

  田面に少し横になびいた葉が目立つので、良く観察すると株元に変色した部分があり、これが原因と判明。メイチュウが入って、茎が茶色くなっているのです。

  我が家は苗の植え付け本数を減らし、植え付け株数も少なくして一本ずつの茎を太くし、稲が大きな穂を着けるようにしているので、どうしてもメイチュウの被害を受けます。茎が細いとメイチュウが生育出来ないとの事で、比較的被害が出ないのですが。

メイチュウの被害株です

  遅く植えた田では、既にお隣の田のコシヒカリが穂揃期を迎えていていますが、こっちの田も少し遅く植えたのかな…と言う程度には育っていて、余り見劣りしなくなって来ました。

お隣のコシヒカリが穂揃いしました

  家に帰って玄関先の田を見ていて、コシヒカリが既に出穂を始めているのを発見。これが我が家の苗で植えた最初の田なので、何となくちょっと嬉しいですね。

我が家の田でもコシヒカリが出穂

大峰山参拝登山

  例年は八月中旬の土・日に行くのに今年は皆の都合で、昨日・今日と大峰山に参拝登山をしてきました。運良く3日は宿泊する洞川地区で「行者祭り」があり、大変な賑わいでした。

  中学生の頃は毎年この時期にお参りしていたのですが、その頃は南市区の鴛鴦講の皆さんと一緒でした。次第に私の親戚の者が、一緒に大峰山へお参りしたいと言うようになり、講の皆さんと別れて土・日に出かけるようになりました。私が先達になってからでも10年以上になります。

行者祭りで行進する行者達

  昨年は終始小雨模様で足場の岩が滑りやすく、新客も2人あったのに行場は素通りしたのですが、今年は改めて鐘掛岩と西の覗の行場で修行する事が出来ました。

西の覗での修行を終えて

  朝5時半に宿舎を出て本堂には10時過ぎに到着。護摩を焚いて頂き一緒に般若心経を唱え、新客が多いので久しぶりにお花畑から日本岩を経由して下山しました。

  結界の門をくぐって参拝登山を終える頃に小雨が降り出し、「光緑園・西清旅館」で遅めの昼食を食べている内に雨が酷くなり、陀羅尼助を求めて「松清」さんに寄る頃には土砂降りでした。酷く濡れずに下山し、無事帰れたのは幸運だったとしか言いようがありません。

此処まで来ると本堂は目の前です

毎日草刈り三昧

  昨日の午後からようやく陽射しが戻ってきて、しばらく出来なかった草刈りを再開しています。雨が降り続くと畦が軟らかくなり、自走式の草刈機が煮え込んで仕舞うのです。

  この農道は左側に3枚で4反の我が家の耕作田があり、川を挟んで右側には2枚の田も有るのですが、画面奥の方には電気会社もあって誰も草を刈らないので、全部我が家の管理です。

この農道は向こうまで150m位でしょうか

  自走式の草刈機を軽トラに積み込むのに、先日アルミブリッジを購入し使い始めました。軽くて丈夫でこれまでのベニア板の様に滑らず撓まないので、使用感は上々なのですが…。

  唯一の欠点は、軽トラのアオリと当たってカタカタとやかましいこと。段ボールを挟んでゴムバンドで止めていたのですが、プラスチック製のアオリガードを取り付けました。これでもう大丈夫。

アオリガードを取り付けました

  一輪車のタイヤも古くなって、パンクしただけでなくホイール自体が錆びて壊れたので、ノーパンクタイヤを買って取り替えました。一輪車本体と車輪は同時に使えなくなる事はなく、どうしても交互に部品を交換して使う事になります。今回は車輪の順番でした。

一輪車の車輪を交換
プロフィール

 平井 貞夫

Author: 平井 貞夫
 かじや村は鍛冶屋村。私の住む戸数10戸の小字名。
「かじや村便り」は平井農産のホームページに載せていましたが、平成22年5月号からブログへ移行しました。
 青文字の部分をクリックして頂けば、関連するブログやホームページへ移動します。
 
 滋賀県高島市安曇川町田中  平井肥料店/平井農産

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR