fc2ブログ

駐車場工事-5

5月21日、排水路のU字溝と道路の間のアスファルト舗装から、駐車場の舗装工事が始まりました。給食センターの配送車が出入りしない土曜日を工事に充てていたようです。

22-05-21-6116-540.jpg

バックホーで丁寧に部材を入れています。

22-05-21-6137-540.jpg

市道と歩道の間も舗装が出来ると、道路部分は完成です。

22-05-21-6145-540.jpg

駐車場本体も隅っこが一番手間。

22-05-21-6156-540.jpg

駐車場の本体部分は、大きな機械で一気にアスファルト部材を敷き詰めていきます。

22-05-21-6168-540.jpg

アスファルトがU字溝の上に載らないよう、非常に丁寧に工事しています。

22-05-21-6171-540.jpg

端っこはとても手間が掛かりますね。

22-05-21-6183-540 - コピー

最後は手作業で完成です。

22-05-21-6192-540 - コピー

23日に駐車スペースのラインが引かれ、24日歩道を透水性のあるアスファルトで舗装。

22-05-24-6272-540 - コピー

25日、ガードレールの工事が早朝7時から始まりました。

22-05-25-6277-540 - コピー

これで駐車場はほぼ完成。後は駐車スペースに車止めを入れて完成でしょう。

22-05-25-6284-540 - コピー

駐車場工事ー4

14日、歩道のアール部分で、ベースの上にブロックを設置。

22-05-14-5909-540.jpg

ブロックの両側をコンクリートで固めています。

22-05-16-5936-540.jpg

何となく形になって来ました。

22-05-16-5938-540.jpg

16日、道路わきのU字溝の内部下のコンクリート打ち。

22-05-16-5934-540.jpg

17日、U字溝と道路の間に土砂を詰めて転圧。

22-05-18-5985-540.jpg

その上に綺麗な砂利を詰めて転圧。

22-05-18-5993-540.jpg

家の前まで綺麗になりました。

22-05-18-6004-540.jpg

18日、砂利に上にコールタールを噴射。

22-05-18-6021-540.jpg

駐車場本体にも綺麗な砂利を敷き詰めて、グレーダーで均平化。

22-05-18-6026-540.jpg

その上をローラーで転圧。

22-05-18-6029-540.jpg

明日はもっと綺麗になりそうです。

22-05-18-6038-540.jpg




駐車場工事-3

5月6日、ようやくNTTの電柱を抜きに来ました。埋める時には2日掛かりだったのに抜くときはほんの一瞬? まあ当たり前なんでしょうが。

22-05-06-5679-540.jpg

U字溝が9日に入って来て、10日から排水路のベースの上に設置する工事が始まりました。

22-05-10-5746-540.jpg

U字溝と道路の隙間に土砂を入れて突き固めています。

22-05-13-5821-540.jpg

11日になって排水路の最後の1個が、我が家の玄関先に嵌め込まれました。

22-05-11-5784-540.jpg

13日、進入路の歩道部分になる曲線部(アール)のベースコンクリートが打たれました。

22-05-13-5830-540.jpg

排水路と道路の中間部で、凸凹の大きかった舗装がカッターで切り取られました。

22-05-13-5833-540.jpg

道路との接続部も舗装が直線的にカットされます。

22-05-13-5851-540.jpg

バックホーで舗装の不要部分を取り剥がし。

22-05-13-5888-540.jpg

ダンプで山土を搬入。

22-05-13-5842-540.jpg

山土で駐車場は勿論ですが、排水路との間を丁寧に埋めています。

22-05-13-5894-540.jpg

田中神社 例大祭

5月4日は田中郷の田中神社の例大祭。 田中郷は旧の田中村で、我が南市の他に馬場・三田・佐賀・上寺・仁和寺・沖田・下ノ城の8集落で戸数約650の氏神様です。

22-05-04-7881-540.jpg

10時から神事が執り行われました。

22-05-04-7842-540.jpg

22-05-04-7845-540.jpg

22-05-04-7846-540.jpg

献撰が始まりました。

22-05-04-7851-540.jpg

巫女舞い。

22-05-04-7863-540.jpg

先ずは宮司さんが参拝。

22-05-04-7868-540.jpg

副総代は南市区長の賢君。他の集落の区長と共に参拝。

22-05-04-7873-540.jpg

撤撰。我が家がお供えした2㎏パックX2 (コシヒカリ・こしいぶき)のお米です。

22-05-04-7875-540.jpg

お供えのお餅は神社で搗かれるのですが、もち米は我が家からお供えした滋賀羽二重糯です。一年中、祭典の度にお届けしています。

22-05-04-7877-540.jpg

好天に恵まれ無事に祭典が終わりました。

22-05-04-7879-540.jpg

午後の行事が無いのが残念ですね。

22-05-04-7858-540.jpg

駐車場工事-2

4月20日から水路の工事が始まりました。古い水路の取水桝などを取り払っています。

22-04-20-5226-540.jpg

新しく設置する水路の基盤工事が進んでいます。

22-04-22-5273-540.jpg

ベースの枠を設置。

22-04-22-5277-540.jpg

ベースのコンクリート打ちが完了。

22-04-22-5290-540.jpg

コンクリート水路を設置し取水桝どうしの間はヒューム管で接続。

22-04-26-5401-540 - コピー

道路際の土を削除。

22-04-27-5488-540.jpg

排水路のベースを作っています。しかし肝心のコンクリート水路は9日で無いと届かないのだとか。

22-04-28-5523-540 - コピー

28日、ベース打ちが半分済んだところで連休になりました。

22-04-28-5541-540 - コピー

5月2日、残った南側半分のベース打ちが終了。

22-05-02-5611-540.jpg

駐車場工事-1

隣家(我が家の母家で、我が家は寛延年間(1748~1751年)かその少し前に分家したようです)で一人暮らしされていたお祖母さんが6年前に亡くなられ、それまで我が家で小作していた二か所の田圃を作らなくてもよいと言われ、2016年からずっと作付けされていませんでした。

隣家の娘さんは、田圃の管理を最初は安易に考えておられた様で、息子も連れて来て一度だけ草刈りを始められたのですが、ものの1畝程を刈った所で音を上げて途中で止められました。以来草だらけ。

結局シルバーボランティア等に頼んで刈られましたが、5月末と8月末の年2回では常に草ぼうぼう。見かねて私も何度か刈ったのですが追いつきませんでした。 http://kajiyamura.blog115.fc2.com/blog-entry-1220.html

20-08-31-093015-540.jpg

一昨年の年末に突然隣家の娘さん(大津在住・従って隣家は無住)から、この二か所の田圃を市へ寄付したと言われたのですが、市は体育館の側の2反3畝の田だけでなく、我が家の玄関先の田圃まで駐車場にすると決定。

22-03-14-4429-540.jpg

年末から大きい方の体育館横の田で駐車場工事が始まったのですが、大雪で工事が大幅に遅れていたものの、ようやく3月12日から我が家の玄関先で工事が始まりました。

22-03-12-4362-540.jpg

先ずは上下二段になっている田圃の表土(作土)を20㎝あまり削って集積。

22-03-12-4388-540.jpg

もうじき始まる予定の圃場整備に使うため、いずれ運び出される予定です。

22-03-12-4397-540.jpg

16日、東側に積み上げられた表土の西側に、新しく土砂が搬入されました。

22-03-16-4452-540.jpg

先ずはダンプの進入路を作っています。

22-03-16-4458-540.jpg

上下2段になっていたので、真っ先に土砂を入れて坂を緩くしていました。

22-03-16-4469-540.jpg

2台の2トンダンプで土砂を搬入。奥の方から積み上げています。

22-03-16-4471-540.jpg

ダンプ20数台分搬入。

22-03-16-4472-540.jpg

玄関先のコンクリート擁壁を取り壊し。

22-03-16-4477-540.jpg

夕方まで掛かって2日間で此処迄進行しました。

22-03-16-4481-540.jpg

惣社神社で祈年祭

2月20日(日)午後2時から、惣社神社で祈年祭が執り行われました。

22-02-20-7711-540.jpg

田中神社の伊藤宮司によるお祓い。

22-02-20-7714-540.jpg

献饌が始まります。

22-02-20-7716-540.jpg

献饌の最後は平井農産のお米でした。

22-02-20-7720-540.jpg

伊藤宮司による祝詞。

22-02-20-7724-540.jpg

参列した南市区と惣社神社役員に宮守さん。

22-02-20-7725-540.jpg

朝から風があって結構荒れていましたが、このこ頃は穏やかなお天気で助かりました。

22-02-20-7727-540.jpg

区長さん以下が順次参拝。

22-02-20-7729-540.jpg

撤饌。もち米は平井農産からのお供えで、松月堂で搗いて貰っています。

22-02-20-7737-540.jpg

社務所の中で参拝。これですべての行事がお仕舞です。

22-02-20-7741-540.jpg

オッと危ない

6日(日)には子供たちの通学路を除雪しておいたので、少しくらい降っても大丈夫と思っていたのですが.、7日の朝にはこの写真の上に30㎝以上の新雪がありました。

22-02-06-3733-540 - コピー

6日の午後はフォークリフトに乗り換えて小学校の通用門からの坂道も、何往復もして綺麗にしておきました。ほおっておくと路面の圧雪が凍って危ないのです。

22-02-06-3708-540.jpg

何と7日(月)には6時頃に市の除雪車の音がして、えっ降ったの? 夜寝る前には大したことは無かったのに、ハウスに仕舞い忘れた軽トラとバックホーには30㎝あまりの雪が載っていました。

急いで子供たちの通学路や学校の周りを除雪。大人の長靴でも無理なほどの積雪量で、途中で南市区の除雪機を運転しているYESの賢君と出会い、お互いの除雪箇所を確認。

22-02-07-3755-540.jpg

お天気が良かったので遅めの朝食後に再びバックホーで除雪。左側は我が家の小作地ですが、右側の道路はかなり狭いので雪のない時でもすれ違うのが不安なほど。子供たちが車道を歩くのは危険なので歩道を除雪。

22-02-07-3768-540.jpg

この位開けておけば小学生なら並んで歩けます。

22-02-07-3771-540.jpg

そのまま小学校・中学校まで歩道を除雪。

22-02-07-3772-540.jpg

昼になったのでそのまま体育館の前を通って家に帰るとき、ついでにテニスコート沿いを除雪していていきなりバックホーのクローラが外れました。縁石を跨いで除雪していたようです。一人ではどうにもならないので、YESの賢君に来てもらって二人掛かりで元に戻しました。

22-02-07-3775-540.jpg

8日も良いお天気だったので、今度はフォークリフトで歩道に残った雪の山を除雪して田圃の中へ。

22-02-08-3796-540.jpg

両側に人家が少ない所は誰も空けないし、市の除雪車が思いっきり歩道に雪を積み上げるので、バックホーでは効率が悪いのです。

22-02-08-3803-540.jpg

タイヤチェーンのおかげで滑る心配が少ないので、都市計画道路の両側の歩道を除雪。

22-02-08-3804-540.jpg

学校の近くまで戻って交差点の大きな雪の山を崩していましたが、歩道の端を見誤ってリフトの右前輪を脱輪。

22-02-08-3806-540.jpg

バックホーを取りに帰って吊ってみましたが、少し持ち上がるものの肝心の駆動輪の前輪が宙に浮いているので、その場で空回りするだけ。

22-02-08-3809-540.jpg

諦めてYESの賢君に電話。出先からの帰りに寄ってくれ、ユニックで吊って戻してくれました。

22-02-08-3811-540.jpg

リフトで除雪

何十年も前に買ったまま、封も切らずに放置してあったタイヤチェーンがあることを思い出し、箱を開けてみるとほとんど錆びていなくて新品同様。

22-01-27-3483-540.jpg

折角だからフォークリフトに付けて使おうと被せてみるとかなり長いので、サイズを合わせて切って使うことにしました。

22-01-26-3473-540.jpg

我が家のフォークリフトはフォークを下げると自力で前輪が持ち上がるので、チェーンをはめるのも比較的楽なんです。少し緩みがあったので、ゴムで絞めてたるみを取りました。

22-01-27-3497-540.jpg

折角リフトで除雪するのなら、雪や雨が運転席に吹き込まないよう周囲を囲うことにして、透明なポリカの板で囲いました。運転席側は乗り降りするので上だけ。

22-01-29-3518-540.jpg

ポリカのサイズの都合もあって、右側も後ろ側も下の方は隙間があるので、寒さ対策にはなりません。足りない部分は農ポリで塞ぐことも考えています。

22-01-29-3519-540.jpg

タイヤチェーンの具合を確かめるのに、除雪に行ってきました。チェーンは音も振動も殆ど気にならないし、上々です。

22-01-29-3521-540.jpg

多少雪が残っていてもスリップしないので突っ込めるため、作業効率は良いですね。

22-01-29-3524-540.jpg

歩道を全部綺麗にするのは大変なので、とりあえず子供たちが歩いて登校できるよう、リフトの幅だけを除雪しました。

22-01-29-3525-540.jpg

一番奥まで歩道が通れるようにしたので、子供たちが車道を横切ったり歩いたりしなくても良くなりました。

22-01-29-3531-540.jpg

小屋根 を 撤 去

お天気が良くなって時間がとれるようになったら、一旦小屋根をバラシて撤去する予定だったのですが、大雪が続いてなかなか出来ず、こんな状態で3週間余り。27日にようやく取り去ることが出来ました。

22-01-11-3088-540.jpg

先ずはポリカの波板を全部撤去。

22-01-27-3488-540.jpg

次にアールの付いた屋根材から、C型の鉄骨を取り付けているボルトをサンダーで切り離し。

22-01-27-3489-540.jpg

単管の支柱を外して全部撤去。

22-01-27-3491-540.jpg

仮設の水道パイプが下がり過ぎない様に梯子で支えています。

22-01-27-3493-540.jpg

これでようやくお風呂への通路が出来ました。

22-01-27-3495-540.jpg

正 月 の 除 雪

14日は積雪15㎝位だったのでちょっと迷ったのですが6時に起きて、7時半にはバイトに行く佐千夫の車を綺麗にしてから何時ものコースで除雪に出ました。

22-01-14-3158-540.jpg

通常はこの先の道路でUターンするのですが、町道の除雪が出来て無かったのでそのまま奥に見える国道迄除雪。戻ってくると除雪車が来ていて、私が少し早や過ぎただけやったかと納得。

22-01-14-3159-540.jpg

昼前に改めて歩道を除雪に出ると、シルバー人材センターの除雪が来ていました。しかし除雪機が小さくて除雪幅も狭いし、歩道の舗装面までは除けて無くてガッカリ。

22-01-14-3170-540.jpg

何時も行く下ノ城を越えて馬場までの歩道を除雪。

22-01-15-3185-540.jpg

帰りは車道の田圃側を除雪して、車が安全に擦れ違い出来るように道幅を拡げました。

22-01-15-3193-540.jpg

「甚平さんの桜」のある駐車場も14日・15日でかなり除雪出来たので、何台かは車が止められるかと思っています。

22-01-14-0718-540.jpg

16日、南市農事実行組合の管理している駐車場を除雪。日曜日で駐車中の車が3台あり、取り敢えず空いている所を除雪して、雪はリフトで川に投棄。

22-01-16-3224-540.jpg

17日、改めてもう一度駐車場の除雪に入りました。駐車中の車は1台だけだったので、かなり綺麗に除雪出来ました。

22-01-17-3260-540.jpg




小屋根 が 崩 壊

お正月4日の昼過ぎに、本屋と南の小屋の間に掛けてあった鉄骨の小屋根が、本屋と小屋の庇を折って轟音を立てて崩れました。

22-01-04-2955-540.jpg

実は3日の夕方小屋の屋根を見ていて、これだけ雪が載っていると危ないなあと心配していた矢先の出来事。

22-01-06-2980-540.jpg

支柱を入れた方が良いかなと思っていたのですが、他用があって処理できないままにしていたら、見事に落ちました。


22-01-06-2982-540.jpg

小屋は昭和34年に出来たので、小屋根もその直後に掛けられているため30年以上経っています。

22-01-06-2996-540.jpg

8日、安原電気の文雄君に、鉄骨を除去する前に小屋へ行っている電線を切って、少し長めにして移動させてもらいました。

22-01-08-3050-540.jpg


惣社神社でどんど

南市の惣社神社で1月9日・7 時 から、「どんど」を行いました。元旦の賀詞交換会が無かったので、これが今年の区の初行事です。

22-01-09-7573-540-1.jpg

幸いお天気が良くてそれ程冷え込まず、大勢の区民の方がお正月の飾りや古いお札さんを、どんどにくべに来られました。

22-01-09-7576-540-1.jpg

木を井桁に組んで基本形を作っておいて、惣社神社の門松なども燃やしました。

22-01-09-7578-540-1.jpg

神社裏で伐って門松を作った竹の残材なども一緒に燃やします。

22-01-09-7580-540-1.jpg

宮守さんは古い提灯などを燃やしておられました。

22-01-09-7583-540.jpg

例年通り平井農産で「善哉」を作って、出役された役員やどんどに来られた区民の方々に振舞っています。善哉の中には極小のお餅を3個入れています。

22-01-09-7594-540-1.jpg

大人の方は外でどんどの火に当たりながら立って食べられるのですが、子供さんは会議所の中で食べています。

22-01-09-7588-540-1.jpg

10時半頃にはぼちぼち火を消し始めます。

22-01-09-7602-540-1.jpg

それでも遅くにお飾りを持って来られた方が有り、ギリギリ間に合って燃やしました。

22-01-09-7606-540-1.jpg
プロフィール

 平井 貞夫

Author: 平井 貞夫
 かじや村は鍛冶屋村。私の住む戸数10戸の小字名。
「かじや村便り」は平井農産のホームページに載せていましたが、平成22年5月号からブログへ移行しました。
 青文字の部分をクリックして頂けば、関連するブログやホームページへ移動します。
 
 滋賀県高島市安曇川町田中  平井肥料店/平井農産

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR