田中神社例大祭

 5月4日午後から、田中神社の例大祭が執り行われました。最初に南市区の惣社神社へお参りし、社頭で記念撮影。此処から傘鉾の奉納巡行が始まります。私は南市区の傘鉾巡行に傘警護の役目で加わって、傘鉾の前を歩いて田中神社へお参りしました。   

18-05-04-1565-5.jpg

 途中で我が家へ立ち寄ってくれ、お祭りに帰っていた佐紀子とゆうなも交えて、全員で記念撮影。

18-05-04-1578-5.jpg

 道中で天気が急変して突風が…。今日は100%雨にはならないと思って雨具は家に置いてきたので、軽トラで伴走していた佐千夫に取りに帰らせました。 

18-05-04-1591-5.jpg

 仁和寺での「ま組」との出会いのあと、横橋では「つ組」と出会い。そのあと、馬場区の佐多神社へお参り。社殿の周りをぐるっと回ります。

18-05-04-1623-5.jpg

 佐多神社から馬場区の会議所経移動中、雨が降って来て慌てました。上手い具合に会議所で傘鉾を杭に括る前に、雨具を掛けられて難を逃れました。

18-05-04-1627-5.jpg

  田中神社石段下で、流鏑馬が弓の手神事を披露。馬の足元が滑らない様に、枠の中は砂場にしてあったのですが、後任の役員が事情も知らず埋めて仕舞いました。

18-05-04-1642-5.jpg

 一の的まで下がって、流鏑馬が扇の手神事。まず、佐多神社の宮守からお神酒を受け、馬の首に掛け次に自身も口に。

18-05-04-1661-5.jpg

 赤飯のお供えを頂いてから、日の丸の扇を使って「扇の手」神事を披露します。終わると扇をたたんで左肩越に投げるのですが、誰でも拾って良いとはいうものの、矢張り乗り手の元へお渡ししています。

18-05-04-1666-5.jpg

 流鏑馬の2度の走馬の後で、「ま組」「つ組」と我々「り組」の傘鉾が参道を通り、神社社頭へ登ります。

18-05-04-1693-5.jpg

 実は流鏑馬の神事を写すのに、参道を何度も上ったり下ったりしたのですが、雨が上がって本当に良かったと思っています。

18-05-04-1695-5.jpg

 神社の境内へ上って、田中神社宮司が祝詞を上げておられる間に、母の結婚衣装で飾りつけをした、南市区の傘鉾の前で記念撮影。

18-05-04-1708-5.jpg

 神社社頭での行事が全て終わると、大幣を先頭に田中神社宮司・巫女・田中神社役員と、我々傘鉾一行・流鏑馬が渡御に向かいます。

18-05-04-1737-5.jpg

 全ての行事が無事終わって南市区会議所へ戻ると、昨日の役員が二人で傘鉾から着物を外してくれました。

18-05-04-1793-5.jpg

 傘鉾巡行でお世話になった役員さん達は、美代が準備してくれた手料理で接待。これで田中祭の全行事が終わりました。

18-05-04-1796-5.jpg

田中祭・宵宮太鼓

 3日の夜、田中祭の宵宮太鼓が区内のお宅を訪問します。勿論田中神社へお参りするのが本来の目的ですが、そのほか祝い事のあったお宅などを訪問します。

18-05-03-1481-5.jpg

 我が家へは、今年は傘鉾を奉納する傘宿という事で来てくれました。

18-05-03-1498-5.jpg

18-05-03-1501-5.jpg

18-05-03-1503-5.jpg

 全員が揃ったところで、「伊勢音頭」を唄って祝ってくれます。

18-05-03-1509-5.jpg

 ビールとお酒の純米大吟醸「かじや村」を準備。勿論、美代の作った鯖の寿司やオードブル、おつまみなども準備。

18-05-03-1510-5.jpg

18-05-03-1513-5.jpg

 佐千夫もゆうなを抱いて参加。

18-05-03-1515-5.jpg

 佐紀子は同級生が居たとか。

18-05-03-1532-5.jpg

18-05-03-1534-5.jpg

 我が家は3軒目か4軒目だったようで、料理は余り売れませんでした。

18-05-03-1542-5.jpg

18-05-03-1547-5.jpg

南市区の宵宮渡し

  南市区の宵宮渡しは、惣社神社を午後1時半にスタート。例年なら傘宿を出発して惣社神社へ向かうのですが、今年は会議所で傘鉾を組んだので、まず傘宿の我が家へ移動。

18-05-03-0019-5.jpg

  隣家の所有地なので手を出せなかったのですが、こうやって記念撮影してみると草が邪魔なので、この部分だけでも刈る予定です。

18-05-03-0032-5.jpg

  改めて惣社神社へ戻り、神社へ参拝したあと全員で記念撮影。

18-05-03-0064-5.jpg

  惣社神社で傘鉾と一緒に記念撮影。

18-05-03-0069-5.jpg

  南市の大通りを宵宮渡し

18-05-03-0079-5.jpg

  太鼓を担いでいる棒が肩に載る部分に、会議所の座布団が巻いてあります。出発してから気が付いて、4日の例大祭には綺麗なバスタオルに換えさせました。

18-05-03-0110-5.jpg

  この辺りは人家が途切れています。

18-05-03-0108-5.jpg

 宵宮渡しが終わって、南市区の会議所で一服。美代が作ってくれた鯖の寿司とオードブルで、接待しました。

18-05-03-1476-5.jpg

 ビールの外には、我が家で生産した山田錦を使って吉田酒造で醸造された、純米大吟醸「かじや村」も準備。

18-05-03-1479-5.jpg

傘鉾の飾り付け

 5月4日の田中神社例大祭には毎年、三田・佐賀・上寺地区の「ま組」、馬場・下ノ城・仁和寺・沖田地区の「つ組」に、我が南市区の「り組」からそれぞれ傘鉾が奉納されます。南市区では傘鉾を奉納する傘宿は、結婚し所帯を持った順で夫婦健在な家が務める事になっているのですが、なかなかすんなりとは受けては貰えないのです。

 毎年何軒も回って断られているのを聞いていましたし、私が関係した何年かもかなり苦労した覚えが有ったので、最後は我が家で受けるからと責任者の町代に話しておきました。結局順番は跳びましたが、今年の傘宿は我が家になりました。

 私の母は田中郷へ嫁いで来ると、田中祭の傘鉾に結婚衣装を掛けるので、その積りで準備して来たと何度も話していました。しかし父が早く亡くなり、母も順番が回って来るのを見ずに他界しました。

 そのため私達夫婦が傘鉾を出すに当たっては、母の思いの詰まった嫁入り衣装を掛けようと早くから決めていて、蔵の二階の長持から90年振り?に打掛を出して来ました。

18-04-20-2666-5.jpg

 糸だけでなく生地自体も弱っていて、和裁をしておられる友人の奥さんの所へ、打ち掛けを持って行って相談し補強をお願いしました。2日程して持って来て頂いたのですが、これ以上は破れそうで怖いと言われました。勿論その後は何日も掛かって、美代が糸で刺して補強したのですが。

18-04-24-163637-5.jpg

 3日9時から南市区の会議所で、傘鉾を張って頂きました。最初に3本の帯をこんな形に組んでおきます。この形は、以前お隣の小父さんと一緒に担当した時、どう組み上げるのかどうしても分からず、二人で紙で模型を作って納得。

 やって見ると簡単で二人で大笑いした記憶が有ります。今では紙の模型が代々受け継がれています。

18-05-03-1275-5.jpg

 3本の帯は糸で仮止めしておき、最後に傘鉾の上から被せます。

18-05-03-1295-5.jpg

 傘鉾に打掛・黒留袖・長襦袢を掛け、大体の長さを決めて洗濯挟みで周囲を止めてゆきます。

18-05-03-1323-5.jpg

 傘鉾は上から針を刺す者と、傘の下で待っていて下から刺す者とのコンビで仕事をします。

18-05-03-1312-5.jpg

 下掛けを通して着物を針と糸で仮止めしてゆきます。

18-05-03-1362-5.jpg

 傘鉾の天井部分には、着物の上半身部分と袖が載っています。緩まない様に全部糸で止めます。

18-05-03-1394-5.jpg

 打掛・留袖・長襦袢の間を、3本の帯が埋めます。下張り・着物・帯を全部糸で止めるので、なかなか針が通らないのです。千枚通しを使う事もあります。

18-05-03-1401-5.jpg

 打掛・留袖・長襦袢に3本の帯それぞれの長さを調整して、下が一直線になるよう糸で止めて出来上がりです。

18-05-03-1424-5.jpg

 傘鉾の飾り付けは予定通り12時に終わったので、お世話になった役員さんには区から準備して貰ったお弁当の外、美代が作ってくれた鯖の寿司を準備しました。

18-05-03-1430-5.jpg

畔塗機のセット

  16日毎年の様に、従兄に畔塗機を借りに行って来ました。私より2つ年上なのですが昔からの地主で、今でも3町歩余りの自作地を持っています。安曇川町では山手の旧広瀬村で、上古賀と下古賀は米どころとして名を馳せているのですが。

  しかし従兄は数年来の腰痛には勝てず、今年は遂に飯米用の2枚だけにし、他は小作に出すことにしたとの事。トラクターも2駆と4駆のインターを2台も持っているほどなのに、子どもは二人とも女の子で後継者が無く、諦めた様です。

18-04-16-2608-6.jpg

  トラクターに畔塗機をセットするのに、何年も苦労していました。最初は従兄と同じようにヤンマーに取り付けていたのですが、どうしてもヒッチが曲がって仕舞います。

  昨年ようやくこれならと言うセットを見付けました。オートヒッチのフレームを介してセットすると、畔塗機が少し後ろになるのでユニバーサルジョイントを少し長く出来るので、畔塗機を下した時に外れないのです。

17-04-16-0126-5.jpg

  しかし今年は肝心のオートヒッチのフレームが見つからない。昨年10月の台風でクチャクチャになったハウスの中の、何処かにあるのは間違いないのですが。

  まだ掛けてあったブルーシートを全部外し、金属探知機まで使って何かの下になっていないかと探したのですが、見付からないので別の方法を考えていました。

18-04-20-2665-5.jpg

  フレームを使わずに直装すると、ユニバーサルジョイントが極端に短く無ければ付かないので、そうなると噛み合わせ部分は10㎝程。非常に外れやすいのです。

  これ以上遅くなると他の田に水が入るから、余りのんびりしてはいられない。と言って、ドライブハローなどに使う広角ジョイントは勿体なくて切れないので、古いジョイントを使って短い広角ジョイントを作って試す事にしました。

18-04-21-2678-5.jpg

  この位ならと言う組み合わせで短めのジョイントを作るため、古い広角ジョイントから部品どり。ピンを抜いてシャフトを抜き、短めのシャフトを入れて二個一で完成。

  仕上げの溶接は、安原エンジンサービスの賢君に頼みました。組み込んで持って行って相談すると、ピンだけでは無理な程ガタがあるとの事でした。

18-04-21-2690-5.jpg

  片方のチェックチェーンが錆び付いて緩められなかったので、序でに部品を格安で貰って来ました。日ノ本の代理店だったので、まだ部品が一杯残っていて助かります。

18-04-21-2700-5.jpg

  一番短いトップリンクを使ってフレーム無しで畦塗機を直装。ユニバーサルジョイントの咬み合わせ部分が極端に少ないので、畦塗機を上げ過ぎるとトラクターを突くし、下げ過ぎるとジョイントが抜けて外れます。それでも何とか使えるので助かりました。

18-04-21-2713-5.jpg

  家の横の苗代地で試運転をした後で、比較的早く水が入ってくる辰ヶ町の田の畦塗りをしました。隣の農家が畦草を綺麗に刈っておいて下さったので、ちょっと申し訳ない。

18-04-21-2715-5.jpg

  22日、土造り肥料を取りに来られた地主さんに声をかけ、気になっていた西隣の田の畔を塗ってみました。毎年弟さんが塗っておられたのですが、機械の調子が悪いとか。

  数年前にかなり幅広く塗って仕舞われたので、一度畔を削ろうと話しているのですが今年はこんな具合。ちょっと広すぎて草刈りの手間が…。地主さんも記念撮影です。

18-04-22-2733-5.jpg

  もう一ヶ所の田ですが、お隣が中干の頃に我が家が田植えをするので、毎年文句を言われる所を塗って来ました。水が漏れて迷惑を掛けたことは一度も無いのですが、稲刈り前に手溝を切ってタップリ嫌味を言われますので。

18-04-22-2737-5.jpg

  23日朝一に、ユニバーサルジョイントの改良を頼みに、安原エンジンサービスへ。畦を塗っていて、強く押さえるのに少し畦塗機を下げ過ぎると、ジョイントの咬み合わせが抜けるのですが、何回か失敗するとジョイントの雌側が膨らんで仕舞い、レモン型が円形に近くなって仕舞います。

  こうなるとガタガタになって、抜けやすくなるだけでなく回転も伝わらなくなるので、ハンマーで叩いて直したのですが、このレモン型を維持しやすくするため、一回り大きな同じレモン型のパイプを上に被せて、溶接して貰いました。これで格段に丈夫なハズ。

18-04-23-2741-5.jpg

  本来は広角ジョイントがトラクター側に来るのですが、畦を塗っている時見ていると、ジョイントの角度は畦塗機側の方がきついので、逆に取り付けて使っています。 

18-04-23-2742-5.jpg

シートハウス修理

 24日から台風で傷んだシートハウスの間口側を修理し始めました。トラックやフォークリフトで出入りするときに当たって、ドアや支柱が曲がったり破損したりしています。

 古屋の造作といいますが、壊れた物を直すのは新品を組むのより、数倍時間と労力が掛かりますね。どうすれば直せるのか、考え込む時間も…。

18-03-26-2224-5.jpg

 ドアを取り外し古いシートを剥がしてみると、思いの外ひん曲がって仕舞っていて、組み込んであるネジもあちこちで飛んでいました。取り敢えず、切断して仕舞っている部材を何とか繋いで1本にしないと。

 安原エンジンサービスの賢君に相談しましたが、亜鉛引き鉄板は溶接が難しいとの事。裏金を入れリベットでとめて補強し、何とかこの状態で使う積もりなんですが。

18-03-25-2211-5.jpg

 昨年の台風で吹っ飛んだシートを苗代予定地に広げ、良い所取りで切り取ってシートを張り付けています。

18-04-02-2391-5.jpg

 20年程前に作ってから、間口やドアは全く修理してなかったので、長年の間に出入りの折に当たって、あちこちが歪んでいます。

18-03-31-2333-5.jpg

 ドアを取り付けてみましたが、矢張り全体を直さないと様になりませんね。

18-04-02-2375-5.jpg

 ドアレールは、かなりグチャグチャになっていたので新調したのですが、ビニペットは出来るだけ古いのも使いたいので、取り外してまずは真っ直ぐに叩き直し、使えない部分は新しい部材を継ぎ足して補修。

18-04-03-2397-5.jpg

 このままシート無しでは雨が降ったら大変ですが、幸いここ10日程は全く降らなかったので助かりました。

18-04-03-2398-5.jpg

 必要な部分を切り取って、残った古いシートは畑の空地へ引っ張って行きました。こうしてみるとまだ使えそうに見えますが、実は硬化していて殆どが無理なのです。

18-04-04-2419-5.jpg

 良い所取りをして切り取ったシートで、間口を埋めていったのですが。ユニバーサルジョイントやパイプジョイントなど不足する部材も多く、太田種苗から配達して貰いました。

18-04-05-2436-5.jpg

 5日夕方、何とか此処まで組み上げたので、明日から春の嵐になるとの予報にもこれで一安心です。

18-04-05-2447-5.jpg

 強力なハウスパッカーで妻面と屋根の境目を止め、別の緩めのパッカーのばねを抜いて軟らかくして、ドア周りを止めました。11日、破風の上に空気抜きを作ってほぼ完成。

18-04-12-2543-5.jpg

倒木の処理

 昨年10月22日深夜から23日早朝に掛けて、太平洋岸を東進した台風21号は猛烈は暴風雨を伴い、我が家では倉庫にしている2棟のハウスのシートを飛ばされました。

 年内はハウスのシート修復に掛かりっきりでしたが、何とか冬を越せたので十箱の倒木を処理。切れの鈍っていたチェーンソーの刃を手入れするため、色々な道具を購入。

 これまで手持ちのヤスリや電動ドリルに装着したダイヤモンドヤスリを使っていたのですが、やはり専用の工具は良いですね。特にデプスの調整用ヤスリは抜群でした。

18-03-14-2023-5.jpg

 手前の枝のない木は、春先に倒れて仕舞った桜の木。実はこの木はこの田の耕作者によって、幹を輪切りにされて結果的に倒れたもの。倒伏は我が家の責任では無いのと耕作に支障が無いので、ずっと放置してありました。

18-03-18-2109-5.jpg

 それでも何時までもこのままには出来ないのと、今回台風で倒れた倒木だけを処理する分けにも行かず、先ずは桜の木を輪切りにしました。

18-03-18-2113-5.jpg

 桜の木はもっと堅いかと思ったのですが、チェーンソーを手入れしたのと、木が1年間放置してあったお陰で割合楽に切れました。

18-03-18-2112-5.jpg

 昨秋台風で倒れた右側の木は、樹種の分からない広葉樹の雑木ですが、かなり太くて大きかったので、結構手間取りました。

18-03-18-2116-5.jpg

 木の幹のかなり高い所に古い軍手などが一杯挟まれていましたが、犯人はこの田の所有者の無くなった爺さん。此処で畑を作っていた間中ずっと無断で、毎年竹藪の竹を伐って使い古い竹やゴミを竹藪に捨てていたのです。見て見ぬふりをしていましたが、今更ながら腹が立って来ましたね。

 一度だけ竹を切っている現場を見つけた事がありますが、ビックリして「竹、貰てるしな」とバツの悪そうに挨拶。分かってるんなら切る前に言えよ。

18-03-18-2119-5.jpg

 夕方まで掛かって倒木の枝を切ったのですが、まだ本体の太い幹が水路に載っていて、かなり大きな枝も上の方に伸びているのですが、耕作の邪魔にはならないのでしばらくは放置しておいても大丈夫でしょう。

18-03-18-2122-5.jpg

 取り敢えず切った丸太は水路際の農道に並べてあります。誰か薪ストーブにでも使ってくれると良いのですが。

18-03-18-2126-5.jpg

多分最後の除雪

 朝から陽射しは有ったものの風が冷たく、まだ凍っているかなと思ったのですが、休みの間に歩道の除雪がしたくて、18日の日曜日午後から出掛けました。

18-02-18-1762-5.jpg

 道路の反対側の東側の歩道は先月29日に除雪したので、今では雪は全く無いのですが。

18-02-18-1763-5.jpg

 西側は歩道の横が全部田んぼのため、市の除雪車が雪を積み上げるのです。

18-02-18-1767-5.jpg

 出掛ける前にはちょっと気になっていたのですが、歩道が広いためリフトで旋回しても全く心配なし。調子に乗って前進しすぎて、田に落とすのだけは気を付けないと。この位置で排雪する時には、必ずサイドブレーキを引いて前後進レバーを中立にしています。

18-02-18-1768-5.jpg

 此処はT字路の突き当りで、除雪車が歩道の上に2m位の高さに雪を積み上げていて、除雪しなければ全く歩いて通れる部分が有りません。

18-02-18-1770-5.jpg

 幸い少し緩んではいたものの、バケットにはかなり大きなブロックで積み上げることが出来て、効率よく排雪出来ました。

18-02-18-1775-5.jpg

 この辺りには道路西側からくる水路が有って、排雪の為にバックする距離が伸びましたが、此処を越えると歩道の横に小さな公園が有り、田んぼに排雪しに行かなくても前にも押し出せたので、意外と楽でした。

18-02-18-1773-5.jpg

 スッキリ全部取って仕舞うと子ども達が、土・日の間に溶けたと思うかもしれませんが、まあこれだけ綺麗にしておけば大丈夫でしょう。

18-02-18-1777-5.jpg

 明くる19日、銀行と郵便局へ行く折に通りがかったので、写真を撮ってみました。

18-02-19-1790-5.jpg

稲荷さんの歩道

  先月24日夕方から降り出した雪は、昨年の豪雪を思い出させる程でしたが、28日以降はそれ程降らなくなって日中は毎日陽射しが有り、寒波もどうやら今日13日で一段落とか。明日からはグンと気温が上がるようです。

18-02-13-1689-5.jpg

  北陸であれ程大雪になっているのに、半月もの間殆ど降らなかったのはビックリですが、お陰で気になっていた子供たちの通学路を、あちこち除雪することが出来ました。

18-02-13-1691-5.jpg

 今日は稲荷神社の北側ですが、元々誰も除雪しない上ずっと日陰になっているため凍っているので、結構時間が掛かりました。

18-02-13-1694-5.jpg

 これだけ除雪しておけば、子ども達の登下校には差し支えないはず。

18-02-13-1696-5.jpg

  空き家と思われる三軒の家の、北側の歩道も除雪。よく母が言っていましたが、雪は触らなければ消えないのです。何もしなければ何時までもこのままですが、これで暖かくなれば、綺麗に雪が溶けてくれるかと思っています。

18-02-13-1698-5.jpg

 14日、改めてフォークリフトにバケットを付けた除雪仕様で、山になった雪を除けに行って来ました。

18-02-14-1707-5.jpg

 車道と歩道の間にある縁石の上や両側に積もっている雪も、何度か往復してバケットで空地へ運んで捨てました。

18-02-14-1709-5.jpg

 これだけ取っ払ったらまあ良いかな。

18-02-14-1711-5.jpg

歩道を除雪

 今朝はそれ程冷え込まず、九州から東北まで大雪になっているというのに雪も降らないので、昼前に歩道の除雪に出掛けました。

18-02-12-1582-5.jpg

 此処はこの前の除雪で取り切れなかった部分。日陰になっていて凍っています。バケットを立てて振り下す様にして氷を砕いてから、引っ張っています。

18-02-12-1581-5.jpg

 この位綺麗にしておけば、子ども達が滑って転ぶ心配は有りませんね。

18-02-12-1585-5.jpg

 こっちは左手が我が家の耕作田。だからと言って、我が家で除雪しないといかん訳は無いのですが、此処も子供たちが通る通学路。

18-02-12-1586-5.jpg

 2往復してかなり綺麗になりました。

18-02-12-1590-5.jpg

 もう一往復したらもっときれいに除雪出来るのですが、そうすれば最初から雪が無かったと思われるかも…。

18-02-12-1592-5.jpg

リフトで除雪-Ⅱ

 お隣の福井では日本海寒帯気団収束帯・JPCZ(線状降雪帯?)が居続けて、平年の7倍にもなるという大雪になったのに、この辺りは気温は低かったものの、此処10日余りは大して雪が降らず、日中は日差しが有って随分雪が溶けました。

 先日フォークリフトに装着したバケットを初めて使った時、排雪した後でフォークを戻し過ぎ、バケットの中央を少し曲げて仕舞ったので、ちゃんと平均して除雪出来るよう、リフトに荷物を積んで踏んづけて修正。

18-02-09-1498-5.jpg

 完全にまっ平と言うわけでは有りませんが、これで何とか綺麗に除雪出来そうです。

18-02-09-1499-5.jpg

 以前は南市農事実行組合の作業場が有ったのですが、農家が各自で籾摺りをするようになり、作業場が不要になったので建物を取り壊し、駐車場にしています。

18-02-09-1504-5.jpg

 しかし大雪の時の除雪はこれまでお客さん任せだったので、今年は出来るだけ除雪する事にしました。今日で2回目ですが、駐車場の雪を川に捨てたり奥に積んだりしたらかなり綺麗になって、全部の区画が駐車出来るようになったので一安心。

18-02-09-1502-5.jpg

 こっちは駅に通じる都計道路沿いの歩道ですが、市の除雪車がどっさり雪を積んでいるので、強制排除。

18-02-09-1505-5.jpg

 何時も歩道を除雪する少し山手の集落の交差点ですが、反対側に田んぼが有るにもかかわらず、市の除雪車がこっちに積み上げます。

18-02-09-1506-5.jpg

 これまでバックホーで雪の山を退けていましたが、フォークリフトで除雪すると、はるかに早く綺麗に退けられる事が分かりました。

18-02-09-1507-5.jpg

大阪で営農研究会

 7日午後から大阪で、(公社)国際農業者交流協会・国際農友会の東海・近畿・北陸ブロック 国際化対応営農研究会があり、朝から陽射しがあって上天気だったので、仮に夜から雪が降っても明日の除雪出動は無いかも知れんと思いながら、10時の新快速に乗車。1時間20分ほどで大阪へ行けます。

18-02-08-1457-5.jpg

 会合の参加者は名簿で70名あり、講習を担当した26名の後輩研修生を含む37名が旧知の仲なので、非常に楽しい会合でした。懇親会では乾杯の音頭を頼まれました。

18-02-07-0761-5.jpg

 講習を担当した何人ものOB達に声を掛け、大阪のOB会を上手く再建する事が出来たので、その責任上?のお役目らしいです。

18-02-07-0766-6.jpg

 会食が始まりました。しかし参加者の研修生OB達は、食事より会話に夢中。

18-02-07-0775-5.jpg

18-02-08-1460-5.jpg

18-02-08-1461-5.jpg

 8日は午前中、(公社)国際農業者交流協会の野中会長を囲んで、参加各府県の組織会長会議。残念ながら大雪の影響で特急が走っていなくて、富山・石川・福井からは参加は有りませんでした。

18-02-08-1471-5.jpg

リフトで除雪

 昨日は雪が緩んだ午後遅くから、家の北側でなかなか雪が解けない塀際を、新しく導入したフォークリフト装着のバケットで除雪。

18-02-05-1415-5.jpg

 タイヤにチェーンを巻いて無いので滑るかと思ったのですが、雪が緩んでいて意外と平気でした。こういう場所ではバックホーよりはるかに効率的。前進だけで相当量がすくえるのと、動きが早いので通行の邪魔にならず、これからも使えそうです。

18-02-05-1416-5.jpg

 田圃の中へ雪を捨てるのも楽々。バケットがバックホーより高く上がるので、雪の山の上から落として排雪出来るのもいいですね。

18-02-05-1417-5.jpg

 バケットから排雪したあと、バケットを上げるためフォークを戻すのに上げ過ぎて、バケットの底が曲がって仕舞いました。これは大失敗。

18-02-05-1414-5.jpg

 福井県嶺北には大雪警報が出ていたのにこの辺りは殆ど降らず、朝から上天気。灯油と軽油が無くなって来たので、天気が良い内に買いに行こうと、玄関先を軽トラ分除雪。

18-02-06-1439-5.jpg

 バックホーではやりにくいこんな除雪も、フォークリフトなら楽々。バックして玄関先の田へ排雪を繰り返して除雪。

18-02-06-1440-5.jpg

 結構上手くいくので、車道の縁石の傍に残った雪を取り除いて廻りました。

18-02-06-1442-5.jpg

 南市の区の中には他にも気になる所が一杯ありますが、とても全部は出来ないので取り敢えず、鍛冶屋村の我が家の周辺区域だけ。

18-02-06-1443-5.jpg
プロフィール

 平井 貞夫

Author: 平井 貞夫
 かじや村は鍛冶屋村。私の住む戸数10戸の小字名。
「かじや村便り」は平井農産のホームページに載せていましたが、平成22年5月号からブログへ移行しました。
 青文字の部分をクリックして頂けば、関連するブログやホームページへ移動します。
 
 滋賀県高島市安曇川町田中  平井肥料店/平井農産

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR